FC2ブログ

鏡花水月 1



「王様、万歳! 王様、万歳!」

先王の五男だった現国王が亡くなったことで、次に王に担ぎ上げられたのは翁主、つまり側室が産んだ王の娘のイ・ウニョンさまだった。

「10歳の王の次は15の娘か。 いくら先王に他に子供が居ないからと、また“傀儡”なんてな」 

そう言っていたのは誰だった?


内心そう思っている者は多いだろうに、宮殿の外はお祭り騒ぎだった。
傀儡だとは判っていても、国の慶事なのだから、少しは民におこぼれがあるはずだと期待しているのである。



「女帝さまになれば、少しは暮らしも変わるでしょうか?」


俺の傍で興奮気味の大勢の民を見ながらそう言ったのは、俺の幼馴染で想い人で、まだ16歳のシン・チェギョンだ。
彼女も多分、俺を好いてくれていると思う。

だが悔しいことに、俺は両班でチェギョンは商人の娘で平民なので、身分違いのせいで正室として娶ることが出来ない。
かといって愛しいチェギョンを妾にする気のない俺は、ただ彼女の幸せを願うだけだった。

それに俺は、両班と言っても名ばかりなのだ。


「民の暮らしなど変わらない。 特に俺の暮らしは」
「シンジェさま・・・」
「ほんとのことだろう?」

言葉を詰まらせたチェギョンに、俺は薄く微笑んだ。




俺は、元は名家だったイ家の跡取りのイ・シンジェ。
まだ18だがこれでも6年前から家長だ。

祖父と父が早逝したことで科挙を受ける余裕がなくなり、残してくれていた財産を切り崩しながら、病弱な母とその世話をする姉、そして代々仕えてくれている使用人たちと暮らしている。

だが、いつまでも蓄えが続くはずもなく、実は底を付きかけている。
友人が世話してくれた代筆業や、子供に読み書きを教えたりして小銭を稼いでいるが、焼け石に水だった。


反対にチェギョンのところは裕福な商家で、ウチとは祖父の代から懇意にしていた。
そのことで、援助をと申し出てくれているのだが、両班としての馬鹿なプライドのせいで、俺は断り続けている。





ある日、代筆業で得た小金を手に家に帰ると、重臣の一人であるハン氏が来ていた。
といっても会うのは初めてだが。


母と姉が心配する中、俺はハン氏と2人で向き合った。




「え? 私に後宮に入れと?」

つまり、女帝の側室になれということだ。
既に十数人が後宮入りしているらしい。

「はい。 私どものハン家よりこちらのイ家のほうが格が上ですし、ウチの息子ヒジェは病弱でして」
「いいえ、ウチは既に没落しております。 宮殿に入るなど恐れ多いだけです」

そう言って断ったのだが、ハン氏は食い下がった。

「シンジェさまほどの端正なお顔立ちなら、すぐにお目をかけられてお傍に仕えることになるでしょう。 そうしたら権力を握れますよ」


自分が後ろ盾になるので、その暁には息子ヒジェを立ててくれというのだ。
だが・・・、外見はどうあれ、女性に対して気の利いたことも言えない俺が、女帝に好かれるとは思えないが。

やはり断ろうとした時、トドメのような言葉がハン氏の口から出た。


「ご家族の生活はご心配なく。 私がハン家の名にかけてお守りいたします」
「・・・」





結局俺は、ハン氏の申し出を受けた。

このままではイ家の先行きが見えているので、家族の生活をみてくれるというのが一番の理由だ。
が、もうひとつ理由がある。

チェギョンだ。

どうせ報われない想いなら、この機会に彼女から離れるほうがいいかもしれないと思ったのだ。






「え? 官吏のお供で隣国へ?」
「はい。 ハン氏が私を推薦してくださったそうで、すぐに出発することになりました。 俸給は出ますが、私はいつ帰れるか判らないので、この際都を離れてはどうかと思いますが」
「でもシンジェ。 チェギョンのことは? このまま離れていいの?」

ハン氏と二人で考えた嘘を並べ立てた俺に、そう聞いたのは姉だった。

「チェギョンとは何もないんですよ」
「でも、」
「彼女は幸せになるべきなんです」
「・・・」


母も姉も、俺のチェギョンへの気持ちに気付いている。
だが妾にはしないという気持ちも判ってくれているので、姉はそのまま口を噤んだ。




友人ギョンと代筆業にも同じ理由を言って、都を離れると伝えた。
するとギョンが、チェギョンに一言挨拶して行けと俺に言った。

「何故? 彼女とは何の関係もないぞ」
「今更惚けるな。 お互い想い合っていることは知ってるんだ。 せめて抱き締めて来い!」
「・・・」


チェギョンを抱き締める。

そうしたい。
だが、彼女のためにはならないだろう。
後宮に入れば、俺はもう外には出られない。
そんな俺のことなど忘れる方がいいのだから。


「元気でな、ギョン」
「シンジェ!!」





俺が落ちぶれても何かと助けてくれて、ずっと変わらずに友人でいてくれたギョンと別れてから数日後。

ハン氏が出してくれた金を使用人たちにも分け与え、荷物を整理した母と姉はイ家の屋敷を出て都を離れる日が来た。
都の外にハン氏が家を用意してくれていて、そちらに向かうのだ。

「気を付けるのですよ、シンジェ」
「はい、母上」
「必ずまた会えるわよね」
「勿論です、姉上」


涙ぐんでいる2人を見送ってから、使用人たちと最後の挨拶をして、やはり先に彼らを見送ってから、俺は荷物を手にハン家に入った。
最後にチェギョンの姿くらい見たかったのだが、そういうわけにもいかない。






「よくいらっしゃいました。 ご家族は無事出立いたしましたか?」
「はい、ありがとうございます」


ハン氏は衣類や装飾品を取り揃えてくれていて、もてなしてくれた。
が、奥さまには挨拶したのだが、息子には会えなかった。
病弱というのは本当らしく、今は臥せっているそうだ。


「ご心配ですね」
「生まれつきなので今では諦めています。 一人息子があれでは、多分孫の顔も見ることが出来ないでしょう」


ハン氏はそう言って小さく溜息を吐いた。




そしてまた数日後、母と姉が新しい家で生活を始めたという報告を胸に、身なりを整えて如何にも両班風になった俺は、ハン氏に伴われて後宮入りしたのである。










突然の短編です。
と言っても、何話で終われるのか見当もつかないんですが。(笑)

実はこのお話、去年7月に100000拍手を迎えた時に、
ソレを踏んでくださった「し・・・さま」のリクです!o(^▽^)o

日にちが経ってるので随分気にしてくださっていて、却って申し訳なかったです。(*≧∪≦)←
私がハードルを上げたというか、プレッシャーをかけたかもというせいもあります。(´∀`*;)ゞ

でも!!!
素晴らしいリクをいただきましたーーーーー!!\(^o^)/

あの「彼」を軸に、とあるコミックを参考になさったそうです。
私そのコミック知らなくて、映像化されたドラマも映画も観てないんですよね。
何となく、効率が悪い気がして。(笑)
でも検索するとしっかりした設定でそれまでの背景も良くて、今度映画を観てみようと思っています。(^^)

タイトルもいただきました!
めちゃ助かる!!←
「彼らの恋模様にぴったり」ということだそうです〜〜〜。
そうなるように、上手く書きたいです〜〜〜。(〃▽〃)



扉絵が欲しかったんですが、両班(っぽい)シン君画像が見つからなくて、
でも見つけたところで私じゃ無理そうで、
せっかくの記念ですが扉絵はナシということでご了承ください。
すみません、しさま、皆さま。m(__)m


この記念のお話は皇太子シン君ではないので、「bell」のほうに「記念のお話」の書庫を作りました。
なので、先の「一周年記念」のお話もこちらに移しています。



で・・・。^^;

「肆拾漆」とこれを交互(になるかどうかも判らないんですが)に進めようと思います。
だって〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ、「書きたい病」が出ちゃったんです。ヽ(≧∀≦)ノ
最後までのあらすじをくださったので、「書きやすい!」のも大きな理由です。←
と言いながら変えたところがあるんですが。
すみません。^^;


3日置きになってるので、余計に終わりが遠くなるかと思いますが、
そちらもご了承ください。m(__)m


それと、明日はバレンタインなので、ずっと以前に作った画像を使いたくて、お話を捻り出しました。(笑)
お付き合いいただけたら嬉しいです。(^-^)/


長々と失礼いたしました。
ではまた。

関連記事
スポンサーサイト



25 Comments

ビオラ  

merryさま、こんばんは。
思いあっているシンジェとチェギョン。そんな二人なのに両班と商人という身分差で正室に迎えられないし、落ちぶれた家の為に後宮に入る事にしたシンジェ。タイトルが意味深で、どんなお話になるのか楽しみです。

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2021/02/13 (Sat) 22:22
  • REPLY

まあむ

こんばんは
「し・・・さま」すごいわ~
タイトルを含め、あっという間に作品の世界に引き込まれました。
原作は映像化もされているのですね。
全く知らない私はmerryさん版を楽しめそう…❤
切ない別れを経て、新しい世界に足を踏み入れたシンジェを見守っていきます。

  • 2021/02/13 (Sat) 22:35
  • REPLY

yurin

新しい自分

こんばんは^^v

「名門」とはいえ――
科挙を受けることが出来なかったシンジェの家は没落する一方…
かたや商人とはいえ繁盛するチェギョンの実家。
想いあっていても一緒になれない…
諦めて後宮に入ってしまいましたv-159
容姿端麗ともなれば、確かに目も引くでしょうし…
女帝の目に留まるかもしれませんねv-222

元と思われる動画は見たことがあるのですが、
お話の方は判らないので、続きがとっても楽しみですv-221
し・・・さま、素敵なリクエストありがとうございますv-352
今日はありがとうございましたv-354

sai*****

こんばんは😊
お互いに想い合っているシンジェとチェギョンですが、両班と商人という身分の違いの為に正室としてチェギョンを迎えることが出来ないなんて😢
家族の生活を守る為、後宮に入る事にしたシンジェ😢
家族のことも心配でしょうけど、チェギョンのことが心残りですよね😢
シンジェとチェギョンはどうなってしまうのでしょうか?
シンジェがいなくなってしまって、残されたチェギョンのことを思うと切ないですね😢
原作は映像化もされているようですが、私も全く知らないので、merryさん版のお話を楽しみたいと思います🎵

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2021/02/14 (Sun) 00:11
  • REPLY

tiem

merryさん、おはようございます!
し‥様のリクエストのお話なんですねぇ。
ありがとうございます。

シンジェは両班の息子、チェギョンは商人の娘で裕福。
互いに好意を抱いていても、一緒にはなれない運命の二人。
シンジェもプライドがあるがゆえに、チェギョンに甘える訳には。
そんなシンジェにとんでもない話がまいこんだよで。
後宮家に入る話が。
家族を護る為とはいえ、シンジェは渋々承諾(><)
二人の今後が気になる展開です。
原作は映像化されているんですねぇ。
merryさんの手腕を楽しみにしています(^^)

  • 2021/02/14 (Sun) 03:41
  • REPLY

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2021/02/14 (Sun) 06:06
  • REPLY

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2021/02/14 (Sun) 08:32
  • REPLY

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2021/02/14 (Sun) 09:10
  • REPLY
merry

merry

To ビオラさま

コメントありがとうございます。

タイトルが意味深ですよね〜〜〜〜〜〜〜。(≧▽≦)
上手く書けるか私が心配です。^^;

そうです!!!
ですが、しさまが<参考>にされたのは一部だけなので、ネタバレはしないでおこうと思っています。

  • 2021/02/14 (Sun) 20:14
  • REPLY
merry

merry

To まあむさま

コメントありがとうございます。

これの原作というより、一部を参考にさせていただいてるだけなんです。
はいっ、私も楽しむのでまあむさまも楽しんでください〜〜〜。(≧▽≦)

  • 2021/02/14 (Sun) 20:17
  • REPLY
merry

merry

To yurinさま

コメントありがとうございます。

両班が没落するってのは辛かったと思います〜。
でも、それでも両班なのでチェギョンとは普通に結婚出来ない。(ーー;)
目に留まるでしょうねえ。(笑)

そうですっ、多分その動画!(≧▽≦)
私もアレは知らないんです〜〜〜。
実は最近「彼女」を観ようと、他のドラマを観始めました。(笑)

  • 2021/02/14 (Sun) 20:21
  • REPLY
merry

merry

To sai*****さま

コメントありがとうございます。

昔ですからねえ。
身分の壁は大きいようです。^^;
チェギョンは、彼が何も言わずに居なくなったことで、どうなるんでしょうね?
諦めるのかなあ??
はい、楽しんでくださいね〜〜〜。(*´艸`*)

  • 2021/02/14 (Sun) 20:24
  • REPLY
merry

merry

To と さま

コメントありがとうございます。

相手のために身を引くしかなかった彼が切ないですね〜。(T_T)
チェギョン一人を想って、もう出られないところに行った彼。
さて、どうなるんでしょうか??

  • 2021/02/14 (Sun) 20:26
  • REPLY
merry

merry

To tiemさま

コメントありがとうございます。

身分違い故に、別れを選択するしかなかったようですねえ。^^;
後宮入りしたシンジェですが、さてどうなるんでしょうねえ??

  • 2021/02/14 (Sun) 20:56
  • REPLY
merry

merry

To m さま

コメントありがとうございます。

身分違いの2人、なかなか切ないですよね〜。
離れ離れになっちゃって、これからどうなるんでしょう??^^;

  • 2021/02/14 (Sun) 21:01
  • REPLY
merry

merry

To n さま

コメントありがとうございます。

チェギョンと結ばれることがないなら、家族のために後宮に入ることを決めたシンジェ。
そうそう、言葉にしない別れは心に残りますよね〜・・・。(ーー;)
きちんと終わってないから。
どちらも辛いでしょうに。(T_T)
コミックは一部を参考になさっているだけなので、知らなくても全然大丈夫ですよ〜。

  • 2021/02/14 (Sun) 21:30
  • REPLY
merry

merry

To j さま

コメントありがとうございます。

所詮<傀儡>ってことですよねー。
彼女も可哀想かも。^^;
シンジェとチェギョンも離れ離れになりました。
もう会えない覚悟をしてる彼が気の毒ですう・・・。(T_T)

  • 2021/02/14 (Sun) 21:38
  • REPLY
merry

merry

拍手コメのナさま

コメントありがとうございます。

あら!そうでしたか〜〜〜・・・。
お役に立てているなら良かったです〜〜〜。(*^^*)

  • 2021/02/14 (Sun) 21:42
  • REPLY

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2021/02/14 (Sun) 23:32
  • REPLY
merry

merry

To し さま

コメントありがとうございます。

おおおっ、そんなに喜んでいただけて私も嬉しいです〜〜〜〜〜。(*´艸`*)
ギョンを出しました〜〜〜。
色々役に立ってくれそうな?(笑)
「彼女」は・・・、「ガンヒョン」の位置は合ってますが、「チェギョン」と「女帝」を入れ替えてください。^^;
実は、女帝の気持ちをシン君サイドで入れようかチェギョンサイドで入れようか迷ったんですが、シン君サイドのほうがいいかなと思いました。
「平民」チェギョンに女帝の気持ちなんて言えるはずないんじゃないかと。
はい!そのシーン入れます〜〜〜〜〜。(≧▽≦)

え!!!そうだったんですか!
ウチは関西なので大丈夫なんですが、ニュースを見てびっくりした次第です。
あちら、地震の上に雨で大変なことになってますよね・・・。
しさまも十分お気を付けくださいね。

  • 2021/02/15 (Mon) 19:07
  • REPLY

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2021/02/16 (Tue) 07:28
  • REPLY
merry

merry

To わい さま

コメントありがとうございます。

時代劇では身分の差ってかなりのものみたいですよね〜。
離れ離れになった2人はどうなるんでしょ??^^;

  • 2021/02/16 (Tue) 19:23
  • REPLY

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2021/02/22 (Mon) 09:18
  • REPLY