FC2ブログ

肆拾肆 12



東宮殿に戻ってすぐ、私はノックもせずに殿下の部屋に入った。
付いて来ていたチェ尚宮さんは驚いていたようだったが、そんなことは気にならない。


「何だ? ノックも、」

しないでと文句を言うはずだったのだろうが、私はそれを遮って叫んだ。
不調法だと怒られようと構うものか!

「イ・ユル! 今すぐ私と離婚して!」
「何?」






来週合房だと言われた、絶対に嫌だ、回避するためには離婚を口にしろと捲し立てると、殿下も聞かされていなかったらしく、眼を丸くしていた。
が、私ほど切羽詰まった感じはない。


「合房?」

夫婦だからいつかはそういうことになるだろうなと言われそうで、私はヒョリンのことを口にした。

「それに知ってた? ヒョリンが居ないみたいよ」
「え!!???」




殿下は心底驚いて、だから電話に出なかったのかと呟き、今度は私に食って掛かって来た。

「どういうことだ! ヒョリンを何処へやった!!」


その怒りの形相に、殿下はほんとにヒョリンを好きなんだなと思った。
ならば最後まで、許婚との結婚は嫌だと言い張れば良かったのに。


「私が知るわけないわ。 大体、私にそんなことが出来るとでも思ってるの?」

敬語など使ってやるものかとばかりに睨むようにそう言ってやると、殿下は何かに気付いたのか部屋を飛び出て行った。
多分、皇后さまのところだ。






少々気になって暫く待っていたのだが殿下は戻って来ず、私は学校に行った。
が、合房のことはガンヒョンたちには言えないし言う気もないし、シン君の姿を見ることもなかったし、電話も掛かって来なかった。

シン君も忙しいのだ。
家族だからといつまでも私に関わっていられないのだろう。




殿下はどうするつもりなんだろうと結局そればかり考えて1日を過ごし、宮に戻って来ると、皇后さまがパビリオンで私を待ち構えていた。





「シン・チェギョン! そなた太子に何を言ったのだ!?」
「え?」
「皇位継承者の許婚だからこそお前のような庶民を迎えたというのに! お前が身体を使ってでも太子を繋ぎ止めていたら太子はあの私生児を探しに行くこともなかったのだ!」


“お前のような庶民”ってこの国の皇后が言うのか?と思ったが、許婚だから迎えたというのも判るが、私生児・・・?
って誰???

殿下は誰を探しに行ったの???

ヒョリン??
いや、でも彼女はミン家のお嬢さまなのに。



そんなことを考えていたせいで私が返事もしなかったことに怒ったらしい皇后さまは、何とか言いなさい!と叫んで手を振り上げた。

叩かれる!

思わず眼を瞑ったのだが、それより早く声が聞こえた。


「皇后! 何をするつもりじゃ!」


・・・皇太后さまだった。








皇后さまは、部屋に戻れ!と皇太后さまに言われて、結局私の返事を聞くこともなくパビリオンから出て行き、今私と皇太后さまは私の部屋で向き合っている。


「済まぬな、妃宮」
「いいえ、皇太后さま」


皇太后さまは、タイの記事で私が胸を痛めているだろうと思い、せめて自分が殿下のことを謝ってウイリアム王子のことをもう一度労おうと、東宮殿に向かってくださっていたらしい。

すると先に東宮殿に入る皇后さまが見えて、皇太后さまと同じ理由で私を慰めるために来たと思ったそうだ。
皇后さまの言葉も聞いていたらしく、せめて打たれる前に止めることが出来て良かったと、皇太后さまは小さく呟いていた。


「だが・・・、もしかしたら、皇后が手を上げたのはこれが初めてではないのか?」
「あ、・・・、その、」


初めてですと言おうかと思ったのだが、チェ尚宮さんに確認すればすぐに判ることだし、それに最初に「嘘はだめだ」とキツく言われていることもあって、私はほんの少し躊躇した。
そのことで皇太后さまは判ったようだった。


「そうか・・・。 皇后は表向きは微笑んでいるが、実は気性が激しくてな」
「・・・」






そして皇太后さまは、自分が知っている範囲のことだがと言い添えて、私と殿下の結婚話が出た時からのことを話してくれたのである。




「太子は最初、好きな子が居るから許婚とのことは断りたいと言ったのだ」


皇太后さまも、ならば致し方ない無理強いはしないとあっさり引き下がったらしい。
シン家、つまり私には知らされていないことだからと。

だが、次の日には掌を返したように殿下が承諾したのだとか。


「何故だと聞いたのだ、好きな子はどうしたと。 そうしたら、プロポーズを断られたということだった」
「・・・」


殿下はヒョリンにプロポーズしていたのか。
でも、断られたというのならきっぱり線引きすべきだったのでは?


「その好きな子がタイでの彼女なのかもしれん」


皇太后さまはヒョリンのことを名前すらご存知なかったようだ。
高校で噂になっていたと言うと、すごく驚かれていた。






私はこの時、殿下に離婚を約束されたことを皇太后さまに言った。
合房を取り止めにして欲しかったのだ。
太子がそんな馬鹿なことを口にするはずない!と怒られてもいいと思っていた。

だが。


「太子が・・・」


皇太后さまは絶句していた。




関連記事
スポンサーサイト



30 Comments

ビオラ

merryさま、こんばんは。お話の更新ありがとうございます。
ユルは本当にヒョリンが好きなんですね。ヒョリンの境遇は知っているんでしょうか?でもプロポーズをして断られてチェギョンの事を承諾したのならチェギョンに対する仕打ちやタイでのヒョリンとのデートは府に落ちません。チェギョンと結婚したのを隠れ蓑にして離婚してヒョリンと再婚する計画だったんでしょうか?

  • 2020/05/31 (Sun) 22:27
  • REPLY

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2020/05/31 (Sun) 22:30
  • REPLY

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2020/05/31 (Sun) 22:36
  • REPLY

hidedeeichan

こんばんは😊
いなくなったヒョリンの身の心配をしているユルは皇后を疑ったわけですよね!
これで皇后とユルが違えて、皇太子の座を放棄されたらとんでもないと思った皇后は怒りの矛先をチェギョンに向けたんですね😠
皇太后が来てくれていて良かった!気性が激しく欲深な皇后とユルからされていたことを話したんだから合房は中止ですよね?寧ろ婚姻関係を無しにして欲しいものです!

  • 2020/05/31 (Sun) 22:45
  • REPLY

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2020/05/31 (Sun) 22:45
  • REPLY

yurin

プロポーズのあと

こんばんは^^v

ユル君――
ヒョリンにプロポーズしてたんですねv-222
でも断られた…
だからチェギョンとの婚姻を承諾したのにv-222
そのあと、ヒョリンが留学せず戻ってきた…

ヒョリンはやっぱり――
ユル君が自分のことを待ってくれると思ったのでしょうかv-236

皇后は相変わらず、人を見下すのが得意なようで――
この様子を見ていた皇太后が何とか対処してくれるといいのですがv-222
とにかく合房は。
ユル君がいないからどうにもなりません…よねv-236
お話の続き楽しみにしてますねv-352
今日はありがとうございましたv-354

まあむ

こんばんは
さすがに、チェギョンも大胆な行動に出ましたね。
ユル君はプロポーズを断られても、
一途にヒョリンを思っていたよう…
皇后は反対し、ユル君とは険悪になったのかしら?
皇太后さまも知ることになり、事態はどんな動きを見せるのでしょう。

  • 2020/05/31 (Sun) 23:15
  • REPLY

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2020/05/31 (Sun) 23:31
  • REPLY

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2020/05/31 (Sun) 23:35
  • REPLY

sai*****

こんばんは😊
ユルは、本当にヒョリンが好きなんですねぇ‼️
ヒョリンが私生児ということは、ユルは知っていたのでしょうか?
ヒョリンにプロポーズをして断られて、チェギョンとの結婚を承諾したのに、チェギョンに対する仕打ちや、タイでのヒョリンとのデート…ユルは、何を考えているのでしょうか?
皇后ファヨンがしていたことや、ユルとヒョリンが高校で噂になっていたことや、ユルから離婚の約束をされていたことを知った皇太后様は、合房を中止にしてくれるでしょうか?
それよりも、皇太后様の力で、婚姻無効にして欲しいですね‼️

  • 2020/06/01 (Mon) 00:03
  • REPLY

せい

皇太后さま、キターー

やっと皇太后さまがおいでになった~思わず水戸黄門に見えました(笑)
皇后からの仕打ちをリアルタイムに見て頂いて良かったわ‼️
でも皇太后さまはわかってない。「実は気性が激しくて…」とか、品位が低すぎての間違いでは⁉️とてもじゃないけど、国母の器ではありません。庶民でもそんな酷い人あまりいないですけど。
とにかくチェギョンに追い風❗続きが楽しみです❤️

tiem

merryさん、おはようございます!
更新ありがとうございます。

皇后から合房と聞かされ、皇太子ユル君の部屋に。
ここで、言い放ったんですねぇ、『離婚』の件を。
愛の無い結婚である以上、命令と言え、嫌なものは嫌だよねぇ。
でも、流石に聴かされていなかったユル君も驚いたようで。
さらに、ヒョリンの件に関しても問いかけを。
チェギョンがヒョリンを云々何てありえないからねぇ。
急いで母である皇后の部屋に。
その後、その皇后がチェギョンの元に。
手をあげ、叩こうとしたその瞬間、皇太后様のお出ましで。
流石の皇后ファヨンも手を引っ込めない訳には・
部屋を後にした皇后。
その後、今までもこう言うことがということを。
躊躇したチェギョンの様子で分かられたようですねぇ。
本当に困った親子ですねぇ。
何処までも自己中なんだから。
手を挙げる女性が国母、信じられませんねぇ。

  • 2020/06/01 (Mon) 06:09
  • REPLY

マミリン

おはようございます☺️

おぉ〜〜、チェギョン「合房」にキレたみたいですね。絶対に嫌だって言い切った所がいいネ。
皇太子にほぼ何も言わさず、文句を言ったチェギョンに拍手! でも皇太子はヒョリンの方が気になったみたい。本当、そこまで気に掛けるなら皇位継承者の許嫁なんて放っといて、二人で生きて行けばいいのにね。あっちもこっちもって欲ばるからややこしくなる。
まぁ、ファヨンが許さないか、散々説得して承諾させたんだろうな。

ドンピシャなところに皇太后さまがいらっしゃって色々と知って貰えて、チェギョン、少しは気持ちが落ち着いたかしら。
でも、知らなかった事の方が多かった皇太后さまは何を思うのか……。

更新ありがとうございました。
続き楽しみにしています。

Miko

こんにちは!

皇太后さまが知る事となり、皇后とは違う方へ動くんだろな~!ユルの行動で皇后はどうするかしら?でも、皇后は自分が1番だからね~維持出来ない事が分かると大変だよね。

先が気になります。皇太后さま、頑張れ😃

  • 2020/06/01 (Mon) 14:54
  • REPLY

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2020/06/01 (Mon) 17:49
  • REPLY
merry

merry

To ビオラさま

コメントありがとうございます。

境遇は知らないみたいですよ〜。
そ、断られたのなら腑に落ちませんよね。
ってドラマシンはそうでしたが。(笑)
ユルに喋らせないとその辺は判りませんよね〜。^^;

で、ビオラさまのコメントがちょうど10000コメ目でした!
記念ですし、私でよければリクをお受けいたします〜。(≧▽≦)

  • 2020/06/01 (Mon) 20:15
  • REPLY
merry

merry

To m さま

コメントありがとうございます。

これで国母ですからねえ・・・。(ーー;)
皇太后さまに話せたことはよかったですよね。
何とかしてくれたらいいけど。

  • 2020/06/01 (Mon) 20:19
  • REPLY
merry

merry

To n さま

コメントありがとうございます。

ぷぷぷ、突撃しましたねえ。(笑)
遠慮する必要も敬語の必要もないですよねっ。
皇太后さまが来てくれてよかったですよね〜〜。
何とかして欲しいもんですが。^^;

  • 2020/06/01 (Mon) 20:25
  • REPLY
merry

merry

To hidedeeichanさま

コメントありがとうございます。

ヒョリンのことをユルに詰め寄られて腹が立ってチェギョンを罵りに来たんでしょうねえ。
ほんっと皇太后さまが来てくれてよかったです〜。
合房どころじゃないですよねー。(ーー;)

  • 2020/06/01 (Mon) 20:30
  • REPLY
merry

merry

To ラプ さま

コメントありがとうございます。

このユルにははっきり言ってやるほうがいいですよね〜。
皇太后さまの知るところとなったし、取り敢えず合房はナシになるかな〜?^^;

  • 2020/06/01 (Mon) 20:35
  • REPLY
merry

merry

To yurinさま

コメントありがとうございます。

実は断られたんじゃないんですよねー。
おばあさまにそう言っただけ。^^;
皇后さまに叩かれる前に皇太后さまに助けてもらえてよかったです〜。
合房は、もうそれどころじゃないかも?(笑)

  • 2020/06/01 (Mon) 20:41
  • REPLY
merry

merry

To まあむさま

コメントありがとうございます。

ユルに直接はっきりきっぱり言いに行きましたねえ。(笑)
ユルはほんとにヒョリンを好きなんですね。(不思議。^^;)
皇太后さまの耳に入ったことで何かが動くかな〜?

TOP記事に拍手コメをありがとうございます。
「どれもみ〜んな好き」なんて嬉しいです〜〜〜〜〜!(*´艸`*)
Yahoo!さんの時の使い回しですが、まあむさまならお気付きでしたよね。(笑)

  • 2020/06/01 (Mon) 20:52
  • REPLY
merry

merry

To と さま

コメントありがとうございます。

ユルはヒョリンに本気のようですねえ。
実は断られてないんですよね〜。
おばあさまたちにそう言っただけ。^^;
そうそう、どうせ離婚なんだから何もかも言っちゃえ!てのもいいですよね〜。(笑)

  • 2020/06/01 (Mon) 20:59
  • REPLY
merry

merry

To ふ さま

コメントありがとうございます。

皇太后さまが来てくれてよかったですよね〜〜〜〜〜!
ほんとほんと、離婚させてあげてほしい〜〜〜〜〜。(笑)

  • 2020/06/01 (Mon) 21:03
  • REPLY
merry

merry

To sai*****さま

コメントありがとうございます。

ユルはヒョリンの素性を知らないんですよ〜。
ぷぷぷ、それ、ドラマシンもしたことですよねー。(笑)
でもここでは実はプロポーズを断られてないんです。
そ、皇太后さまの耳に入ったことはよかったですよね〜。
何とかしてくれるかなあ??(≧▽≦)

  • 2020/06/01 (Mon) 21:11
  • REPLY
merry

merry

To せいさま

コメントありがとうございます。

はははっ、水戸黄門に見えましたか!!(≧▽≦)
ほんと、その眼で見ていただけてよかったですよね〜。
いや〜、それ多分チェギョンの前なのでオブラートに包んだだけかと。(笑)
これで動きそうですよね〜。

  • 2020/06/01 (Mon) 21:15
  • REPLY
merry

merry

To tiemさま

コメントありがとうございます。

チェギョンはユルに直接言いに行ったようです。(笑)
どうせ離婚なんだし言っちゃえ!てもんですよ。
皇后さまにまた叩かれそうになったけど、皇太后さまに助けてもらえてよかったです〜。
これで何かが動いてくれるかな〜?(≧▽≦)

  • 2020/06/01 (Mon) 21:33
  • REPLY
merry

merry

To マミリンさま

コメントありがとうございます。

ユルもねえ、それだけヒョリンがいいなら2人で生きていけばいいのにと思いますよね〜。
そ、皇后が許しません。^^;
ドンピシャ(笑)なところに皇太后さま登場!(≧▽≦)
さて、これで少し動いてくるかな〜?と思うんですが。

  • 2020/06/01 (Mon) 21:37
  • REPLY
merry

merry

To Mikoさま

コメントありがとうございます。

皇太后さまの耳に入ったので、何やら動いて来そうですよね〜。(笑)
ファヨンはどうするんでしょ?

  • 2020/06/01 (Mon) 21:40
  • REPLY
merry

merry

To j さま

コメントありがとうございます。

ユルに直訴(笑)するのが一番ですよ。
文句も言えるし。(笑)
実はプロポーズは断られたわけじゃないんですよねー。^^;
でも皇太后さまの耳に入ったので、合房はナシになるでしょうねえ。

  • 2020/06/01 (Mon) 21:43
  • REPLY