FC2ブログ

参拾玖 24



「太子の時のように、世論が高まれば私たちがそれを無視出来ぬのを惠政宮たちは知っているのです。 だからサンタクロースのことであなたを義誠君の恋人に仕立てようとした」
「・・・」

皇太后さまはそう言った。
ユル君の恋人だと認識されるのはどうかと思うが、違うと言うだけで終わることではないだろうか?

と、思ったが、そうならないのが皇室らしい。
国民の声というものを無視出来ないそうだ。

それだけ、世論というのは影響が大きいということだろう。



だからってなんで<殿下と交際中>の振りをしなくてはならないのかと思うが、皇太后さまだけではなく陛下や皇后さままでが私の前に居て、同じように振りをしてくれと頼まれれば、母ではないが断れるものではない。



「そなたが太子を好きになれなければ、私が必ずなかったことにする。 それは約束する」

だからお願いじゃ、と皇太后さまに手を擦り合わせられて断れる人が居たら会ってみたいくらいだ。


でも、私が殿下を好きにならなければ、ということは、殿下の気持ちは無視するということか?
それって、もし私が殿下を好きになって結婚に至れば、夫に好かれていない妻になるのではないのか?


その確認をすると、皇太后さまは笑った。

「実はな、太子はどうやらそなたを好いておるようなのだ」
「え??」

会ったことも話したこともないのに??


施設での私を見てから、日々私のことを考えてくれているそうな。

「それはつまり、そなたを好きだということじゃ」

ほほほ、と笑いそうな皇太后さまだった。
私は今ひとつ信じられないが。




殿下の本当の気持ちはともかく、皇太后さまたちがそう思っている以上、振りを承諾すれば逃げられない気がしないでもないが、やはり御三方を前にして断れるものではない。


「・・・判りました」

おお!と、皇太后さまたちは喜んでくれていた・・・。








その後、チェ尚宮さんという綺麗なお姉さんを紹介されて、そのお姉さんが殿下が住んでいる東宮殿に私を連れて行った。
<恋人>に会えということだろう。






「・・・よろしくお願いします」

チェ尚宮さんと殿下付きのコン内官さんが居るので、大人しくそう挨拶したものの、殿下と2人にされてから、私は彼に言ってやった。

「何故こんなことになるの? 私を巻き込まずに解決出来ないわけ?」


皇太后さまたちには言えないことでも、同い年の殿下になら言えるというものだ。
殿下が私をどう思っていようと、嫌われても構わない、いや、嫌われたいくらいなのだ。


「証拠が掴めていないからだ。 取り敢えずお前をこちらに取り込んでおきたいんだ」

取り敢えず取り込むって何なのよ!


この殿下が私を好きなんて、絶対皇太后さまたちの思い違いだ。
とは言え、私のことを知っていながらわざと早くから近付いて来たユル君よりずっとマシだが。

なので、まあ良い、ユル君よりマシだからと答えておいた。




でも、私が恋人だと報道されて、いくら辞退したといってもヒョリンは面白くないんじゃないかと思うのだが、それを聞くと、奥の手があると言われた。


・・・奥の手にはびっくりした。

ヒョリンは恋人の殿下を裏切ったということだ。
皇太后さまは、殿下の気持ちはヒョリンから離れてるようなことを言っていたが、こういう理由だったのだ。





殿下と番号を交換して、やっと家に帰って来た。
疲れた・・・。







ヘナは今回のサンタのことを事前に知っていたそうだ。

「なんで教えてくれなかったの!?」


ウナとミヌには当然のようにバレていて、あなたが許婚なのね!とか、未来の皇后さまか〜、などと言われ、慌てて2人の口を塞いだというのに、ヘナが前もって知ってたなんて更なる驚きだった。


「だって〜、教えたらチェギョンはあの施設に行かなかったでしょ」
「当たり前!」

だから内緒にしたの、とヘナは平然としていた。





ユル君は休み明けから一度も大学に来ていない。
皇太后さまが怒ってらしたようなので、謹慎でもさせられているのだろうか?

「単に不貞腐れてるんじゃないの? 計画がおじゃんになったから。 ネットの動画でも馬鹿みたいだって怒ってたじゃないの」

辛辣なヘナに苦笑いしか出ない。




だがヘナは、ユル君にはそんななのに私には殿下を押し付けようとする。

「(チェギョン! 殿下が迎えに来てるわよ!)」

と、いち早く私に言いに来るのだ。
まだ小声で言うだけマシかと思うが。

追い返せないことは判っているので、目立たない西門に回ってもらうと、ヘナが面白がって付いて来る。
いやまあ、人が居ないのを確かめてくれて、今よ!とか言って助けてくれるのだが。

でも、そのせいでヘナが余計に面白がっているような気がする。





殿下は、ユル君ほど腹黒くないと思うので、良い子なのかなとも思う。
だからと言って殿下と結婚など考えられないのだが。





デパートでのバイトは続いている。
ただ・・・、先日そこにまで殿下が顔を出したので、それは勘弁して欲しかった。
変装しているので殿下だとバレていないが、いつ誰にバレるかと気が気ではない。

「恋人同士だろ?」
「(振りでしょ、振り! バイト先にまで来ないで!!)」
「・・・判った、今日は帰る」
「(今日は、って何よ!! もう此処には来ちゃだめよ!)」

見上げるように睨むと、殿下はニッと笑った。

「判った、“此処には”来ない」




言葉尻を捕らえられ、それから殿下は、西門どころか大学構内にまで入って来るようになった。
・・・失敗した。





「いいじゃないの、変装してるからバレてないし。 それに、忙しいのにわざわざ来てくれるんだから女冥利に尽きるでしょ?」


ヘナはそんな呑気なことを言う。
でも、確かに忙しいとは思う。

大学帰り、家まで送るどころかドライブする時もあるが、構内に来ても「今日は送ってやれないんだ」とすぐに帰ってしまうこともある。

なので忙しいんだから来なくてもいいのよと言うと、俺がお前に会いたいんだと平然と答えるのである。


皇太后たちは、殿下は私を好きなんだと言ったが、こうも平然と言われると余計に信じられない。
ヘナには、皇族は嘘を吐かないんだって!と捲し立てられるのだが。







そんなある日、大学で誰かが私を探してるようだと、ウナが教えてくれた。

「昨日大学内をあちこち探して歩いてたらしいわ」
「誰なの?」
「名前は知らない。 女の人なんだって。 学部は何処かとかどの棟なのかとか聞いてたみたい。 まだ会ってない?」
「うん」


誰だろう?


少し気になったものの、いつか判るだろうと、私は呑気に考えていた。
この時は、それが彼女だとは思いもしなかったから。





その日は殿下は現れず、用があると言ったヘナとも分かれて、私は1人正門に向かっていた。
すると正門に殿下が居たのである。

いくら変装してると言っても正門に来るなんてと溜息を吐きそうになった時、突然殿下が私の名前を呼びながら突進して来た。

「何なの!?」



振り回されるように殿下に引っ張られた一瞬の後、私に抱き着いているような殿下の後ろには、茫然としている女性が居た。
ミン・ヒョリンだった。





関連記事
スポンサーサイト



30 Comments

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2020/01/06 (Mon) 22:20
  • REPLY

teraco

こんばんは~

ヘナのお節介は、完全にシン君寄り(笑)
ありがた迷惑のチェギョンも、その内絆されそう。
って!ここでヒョリン!?
自業自得も全て人のせい、チェギョンを逆恨みですか。
この感じは、やらかしましたね?

更新ありがとうございました。

  • 2020/01/06 (Mon) 22:41
  • REPLY

ビオラ

merryさま、こんばんは。お話の更新ありがとうございます。
シンくん忙しい中時間を作ってせっせとチェギョンに会いに行ってますね。皇太后さまたちのチェギョン包囲網の援護射撃もあるし、ヘナも協力してくれてるんだからシンくん、頑張って。
そしてノコノコ現れたヒョリン。何しに帰国したんでしょうか?シンくんはまだ自分を愛していると勘違いしてるのか、バレエ学校を退学になったのか?お話の続きが楽しみです。

  • 2020/01/06 (Mon) 23:04
  • REPLY

hidedeeichan

こんばんは😊

がっちり皇太后さまに掴まれてる気がするチェギョン!(*^▽^*)
確かに嫌なんて言えないですよね~😁
ヘナも完全にシン君側だし・・♪😊
振りをしているだけと言いながらだんだんアプローチしてきてチェギョンも知らないうちにシン君側に行きそうですね( *´艸`)
良い感じに行きそうなのに何故ヒョリンが出てくる?
男を作ったのはヒョリンのくせに何を今更・・
馬鹿な女は始末が悪い!何しでかしたんだ!!

  • 2020/01/06 (Mon) 23:16
  • REPLY

yurin

不吉な予感

こんばんは^^v

「実はな、太子はどうやらそなたを好いておるようなのだ」
チェギョンは完全に、皇太后様のこの言葉で押し切られちゃったようですねv-222
でもシン君のあの態度――
「証拠が掴めていないからだ。 取り敢えずお前をこちらに取り込んでおきたいんだ」
うぅ... この言葉で皇太后様の言葉を信じろっていうのは…
ホント、もう少しマシな言い方は出来ないのでしょうかねぇ~^^;

それでもマメに大学に迎えに着たりと…
“交際中をアピール”しつつ… マジでチェギョンとのことを考えている様子ですが。

しかしv-237
いきなりヒョリンがチェギョンの前にv-236
どうやら様子がおかしいようですが…
お話の続きが楽しみですv-352
今日はありがとうございましたv-354

マミリン

こんばんは🌠

ヘナは完全に楽しんでますね😁 でもいい子だからチェギョンは許してる。

シン君、呆れる程煩いね(笑)
間違いなくヒョリンの時と違ってると自分でも分かってるのかしらね。うん、きっと自覚してるんだろうな。
そしてこんなシン君にチェギョンは絆されて、その気になっちゃうね。

あ〜〜ぁ、皇太后さまの思う壺。
これも運命。

このままスンナリ行くはずがなさそう💦
ヒョリン再登場❗
さて、シン君何があってもチェギョンを守れるか❗

更新ありがとうございました。
続き楽しみにしています。

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2020/01/06 (Mon) 23:51
  • REPLY

まあむ

こんばんは
今さらヒョリンは何をしに来たのかしら?
諦めが悪いってば…(-_-;)
皇太后さまが先に言ってしまったから、
シン君はなおさら頑張らなくてはいけないのに、
いまひとつパッとしませんね~
大丈夫かな…

  • 2020/01/07 (Tue) 00:21
  • REPLY

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2020/01/07 (Tue) 00:26
  • REPLY

sai*****

こんばんは😊

シンくんは、忙しい中、少しの時間でも、せっせとチェギョンに会いに行ってますね😊

チェギョンとドライブすることが出来る日もあれば、家まで送っていけない日でも、少しだけでもチェギョンに会いに行っていますね🎵

皇太后さまたちの援護射撃もあるし、ヘナは楽しそうに?協力してくれてるんだから、シンくんの想いが、早くチェギョンに届くといいですねぇ✨

そして、今頃ヒョリンはなぜ現れたのでしょうか?

チェギョンを探しだして、どうするつもりなのでしょうか?

シンくんが、まだ自分を愛していると勘違いしてるのか、バレエ学校を退学になったのか、チェギョンへの逆恨みなのか?

シンくんは、チェギョンを守ることが出来るのでしょうか?

シンくん、チェギョンのことが好きなんだから、チェギョンを、おバカなヒョリンからちゃんと守ってね✨

そして、ヒョリンにはきっちり厳罰をお願いします🙇⤵️

  • 2020/01/07 (Tue) 00:42
  • REPLY

tiem

merryさん、おはようございます!
更新ありがとうございます。

皇太后様始めお三方を目の前にして、お断りなんて出来る筈が無いわねぇ。
ここは、不満はあるけど、承諾を
シン君がチェギョンの事を好いていると言われたら・・・。
でも二人だけの際、対等に言いたいことを・
そんなシン君も積極的だし、ヘナまでもが協力体制に・
変装までしてバイト先まで。
そこまで、真剣なんだけどねぇ。
でも未だにシン君の事を好きには??
まだユル君よりはましだと思ってるだけで。
そんな中、あの女が再び・
チェギョンを探していたようですが・
何故に今、再登場なのかなぁ??
胡散臭いわねぇ(# ゚Д゚)

  • 2020/01/07 (Tue) 06:18
  • REPLY

コモモ

おはようございます☺️
シン君、忙しい中チェギョンに付きまとちゃって!(^w^)もう、すっかりチェギョンに落ちた?
完全にチェギョン好き好きになってますよね😁
ヒョリン、今さらチェギョンを探して何をしようと云うのかしら⁉️
もしかして、自分の事棚に上げチェギョンに逆恨みして危害をくわえようなんぞと考えてるなら馬鹿としか言いようがないよね😠
シン君、チェギョンを守れるかな?


-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2020/01/07 (Tue) 16:20
  • REPLY

まめちと

こんばんは!

ギョギョギョ(´⊙ω⊙`)
HR、今さら何のために現れた?
おまけにチェギョンを探してたなんて
ファヨンの策略かな

シンくんがチェギョンを庇ったのを見て諦めるのか
それとも逆恨みで暴れるのか…

やだ〜気になる〜

  • 2020/01/07 (Tue) 18:03
  • REPLY
merry

merry

To m さま

コメントありがとうございます。

シン君にしてはせっせと動いています。(笑)
ヒョリンが現れましたねえ。
そうなんです、いち早く気付いたシン君がチェギョンを庇いました。
大丈夫かな〜?^^;

  • 2020/01/07 (Tue) 20:37
  • REPLY
merry

merry

To teracoさま

コメントありがとうございます。

ほんと、そろそろ絆されそうですよ〜。(笑)
全て誰かさんのせいだと思ってるみたいです。
やらかしましたよ〜。^^;

  • 2020/01/07 (Tue) 20:41
  • REPLY
merry

merry

To ビオラさま

コメントありがとうございます。

シン君はせっせとチェギョンのところに行ってますねえ。
ヒョリンが帰国しましたよ〜。
何しに来たんでしょうねえ。^^;

  • 2020/01/07 (Tue) 20:47
  • REPLY
merry

merry

To hidedeeichanさま

コメントありがとうございます。

嫌だと言えませんよね〜。^^;
はははっ、ほんと、そろそろシン君側に行きそうですよ〜。(笑)
ヒョリンはしでかしたみたいですね〜。

  • 2020/01/07 (Tue) 20:53
  • REPLY
merry

merry

To yurinさま

コメントありがとうございます。

そ、皇太后さまの言葉が台無し。(笑)
シン君はチェギョンのことをきちんと考えてるし想ってるんですがねえ。^^;
ヒョリンが来ましたねえ。
さて、何をしたのかな〜?

  • 2020/01/07 (Tue) 20:58
  • REPLY
merry

merry

To マミリンさま

コメントありがとうございます。

そ、なんだかんだ言いながらもチェギョンは許してる。
多分シン君のことも。(笑)
さて、最後にヒョリンが現れましたねえ。
何があったのかな〜?^^;

  • 2020/01/07 (Tue) 21:01
  • REPLY
merry

merry

To n さま

コメントありがとうございます。

もっとマシなことは言えないのか!と思いますよねー。^^;
せっせと会いに行ってることでチェギョンが絆されてくれればいいんですが。
ヘナがめちゃめちゃ楽しそうです。(笑)
いえいえ、衝撃的のほうだと思いますよ〜。

  • 2020/01/07 (Tue) 21:10
  • REPLY
merry

merry

To まあむさま

コメントありがとうございます。

そうなんですよ!
皇太后さまが先にシン君の気持ちを言っちゃってるのに、それを知らないからかシン君ってば、告白も出来ないし!(ーー;)
てことで、ヒョリンを出しました。(笑)

  • 2020/01/07 (Tue) 21:12
  • REPLY

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2020/01/07 (Tue) 21:13
  • REPLY
merry

merry

To ふ さま

コメントありがとうございます。

いえいえ、いきなりやっちゃったんですよ〜。
シンチェのためにヒョリンを出したんです。(笑)

  • 2020/01/07 (Tue) 21:15
  • REPLY
merry

merry

To sai*****さま

コメントありがとうございます。

少しでも時間があれば会いに来るシン君に、そろそろ絆されてほしいとこですねえ。
ヒョリンは何しに来たんでしょうねえ?^^;

  • 2020/01/07 (Tue) 21:19
  • REPLY
merry

merry

To tiemさま

コメントありがとうございます。

そう!お三方を前にして断れるわけがない。(笑)
チェギョンはまだシン君を好きになんてなってないですねえ。^^;
そのためにヒョリンを出したんです。(笑)

  • 2020/01/07 (Tue) 21:23
  • REPLY
merry

merry

To コモモさま

コメントありがとうございます。

シン君は既にチェギョンに堕ちてますからねえ。(笑)
その馬鹿なんですよ〜〜〜〜〜。
シン君に守ってもらわないとねー。

  • 2020/01/07 (Tue) 21:27
  • REPLY
merry

merry

To j さま

コメントありがとうございます。

そ、お三方を前にして断れるわけがない。(笑)
ヒョリンもね〜。
何しに来たんでしょうねえ。^^;

  • 2020/01/07 (Tue) 21:30
  • REPLY
merry

merry

To まめちとさま

コメントありがとうございます。

いえいえ、ファヨンは関係ないです。
彼女はヒョリンと連絡を取り合っていません。
さて、何かあったのかな〜?^^;

  • 2020/01/07 (Tue) 21:33
  • REPLY
merry

merry

To し さま

コメントありがとうございます。

はははっ、まだ逃げる気のチェギョンが笑えるってほんと!(≧▽≦)
あらっ、そんな言葉は思いつかなかったですねえ。(笑)
面白がって煽ってるヘナが楽しそうです〜。
報道を見たからですよ〜。
勘違いはしてないかと思うんですがねえ。^^;
はい、そのためにヒョリンを出したんですよ〜。(笑)

  • 2020/01/07 (Tue) 21:43
  • REPLY