FC2ブログ

Welcome to my blog

meet again 15

Category - meet again(完)


空港内をあちこち走り回っていると、遠くの方で、警備員が数人、何処かに走って行くのが見えた。

「・・・何だ?」

この場で周りに視線を走らせてもチェギョンとソ・ユルが見当たらなかったこともあって、俺はその警備員たちを追うことにした。
チェギョンは事故で怪我をしているだろうから、倒れたとかそういうことかもしれないと思ったのである。


が、見失ってしまい、きょろきょろしていると人だかりが見えた。






野次馬の頭越しに覗き込んだ時、誰かが叫んだ。

「この子気を失ったわ!」


チェギョンだ!!

そう確信した。




「救急車はまだか!?」
「離せ! 彼女は僕と行くんだ!」
「そいつを押さえろ!」


数人の声が聞こえて、やっと人を掻き分けて前に出ると、警備員に取り押さえられながらも暴れている男性が居て、それがソ・ユルだった。
そして少し離れたところで、2人の女性が、倒れているチェギョンを抱えていた。

「チェギョン!」




チェギョンに駆け寄る俺に、彼女から離れろ、お前は誰だと悪態を吐いて暴れるソ・ユルと、この子を知ってるのかと聞く女性、警察を呼んだぞと叫んだ男性の声などが入り混じって、余計に大騒ぎになった。




「チェギョンは俺の好きな子です、急に居なくなってずっと探していたんです!」

ソ・ユルの言葉よりもその俺の言葉のほうが遥かに信憑性があったようで、というか本当のことなので、周りの人たちは皆信じてくれて、チェギョンを抱えていた女性2人が彼女を俺に託してくれた。

「もうすぐ救急車が来るはずよ、あなたが付き添いなさい」
「はい!」




チェギョンの左腕からは血が出ているし、額にも足にも傷があるようで、やはり血が滲んでいる。
息をしていることは良かったと思うが、その息は荒く熱い。
熱があるのだろう。

こんな状態のチェギョンを連れて飛行機に乗ろうとするなんて・・・。




身体が震えるほどの怒りを覚えているというのに、ソ・ユルは幼稚なことを叫んだ。

「僕のチェギョンに触るな! 父さんに言ってお前もお前の家族も酷い目に遭わせるぞ!」

まるで大事にしているオモチャを取られた子供のようだ。
30歳にもなったいい大人のくせに。



だが。
こいつさえ会長のマンションからチェギョンを連れ出さなければ、チェギョンは今頃家族と笑い合っていたはずなのだ。
こいつさえ!



俺はその心のままソ・ユルを見据えた。

「ソ・ユル。 お前はもうすぐ逮捕される。 お前の父さんは、犯罪者になったお前でも助けてくれるのか?」

俺の言葉は、どうやらソ・ユルには衝撃だったようだ。
彼はピタッと動きを止めた。

「は・・・、犯罪者・・・?」
「そうだ」
「・・・ち、違う! 僕は母さんに取られたチェギョンを取り返そうとしただけだ!」


益々幼稚なことを言ってソ・ユルは再び暴れたが、警備員が5人に増えたことで、もう彼らの手を振り解くことも出来ず、到着した警察官によって彼はあっさり逮捕された。





ソ・ユルは、手錠がかけられた手を見てやっと正気に返ったようで、諦めたように連れて行かれた。

腹立たしい思いでそれを見ていると、コンさんが俺に合図してから警察官たちを追い掛けて行った。
事情を説明してくれるのだろう。


インもいつの間にかチェギョンを抱き上げている俺の傍に居て、救急車が到着してると教えてくれた。


チェギョンを取り返そうとしただけだとソ・ユルは言ったが、取り返したのは俺なのだ。










チェギョンが処置室に入って暫くしてから、バタバタと走って来る足音がした。
チェギョンのご両親と弟、そしてソドン電気会長秘書のキムさんだった。



警察に付いて行ったコンさんが父に連絡してくれて、シン家にもチェギョンのことを伝えてくれたのだ。
キム秘書さんがまだシン家に居たので、4人で病院に来たのである。



「なんでチェギョンがこんなことに・・・」
「済まない、チェギョン、私のせいで〜〜〜〜〜っ」

俺とイン、そしてキムさんから事情を聞いたご両親は、怒るよりも自分たちを責めて泣いていた。
自分たちが作ってしまった借金のせいで、娘をこんな目に遭わせたと苦しんでいた。



それに俺がチェギョンを探していた理由を話したことで、チェギョンのお母さんは号泣した。

「好きな人が居たのに、あの子は家族のために・・・っ」

そして俺に、ごめんなさいごめんなさいと何度も謝ってくれたのである。


お父さんも同じように泣いているし、弟は何も言わずに涙を拭っていた。







やっと処置室から出て来て病室に移ったチェギョンは、まだよく眠っていた。
ご両親は医者の説明を聞いていて、弟はチェギョンの顔を見て再び泣いていた。

「姉ちゃん・・・、痛かっただろうに・・・」


そうだろうな・・・。
空港で見た時よりも随分マシになっているが、その分包帯だらけだ。
熱も高かったし、なのにソ・ユルに引っ張り回されて相当辛かったはずだ。

そのチェギョンを思うだけで俺も涙が出そうだった。






その後俺とインとチェギョンのお父さんは、警察署に行った。
コンさんから連絡が来て、事情を聞きたいというのだ。


俺とインは、知っていること調べたこと全て、つまりソ会長の愛人契約や娘たちのこと、ソ・ユルのことを話し、チェギョンのお父さんであるシン・ナムギルさんは、ペク弁護士に愛人契約を持ちかけられるまでのことやその内容を詳しく話した。






「本当にありがとうございました」

やっと警察署を出た時にはもう朝で、お父さんは出勤しなければならないからと、家を知りたいと言った警官に送ってもらうことになり、俺たちに礼を言ってくれて別れた。



インも家に帰って寝ると言った。

「俺も家に帰る。 おまえは病院か?」
「ああ」
「だろうな。 じゃ俺寝るから、用があったら電話してくれ」
「ああ。 今日はありがとう」


インは俺に手を振って、送ると言ったコンさんと一緒に帰って行った。
コンさんは家で着替えてから出勤してくれるらしい。
彼にも随分世話になった。







病院の駐車場に来てから父に電話すると、ソ家のほうにも当然警察から連絡が入っていて、今日午前中に警察官が入院している会長の部屋に行って、事情聴取がなされるらしい。

「会長夫人や運転手の怪我はどうだったんですか?」
『運転手は軽傷だそうだが、夫人は足を折ったと聞いた』

そうだろうな、車は派手に転がったから。
だが3人とも、よくそれで済んだと思う。

『それでお前は帰って来るのか?』
「いえ、チェギョンの傍に居ます。 眼が覚めた時に説明してやりたいので」
『そうだな。 安心させてやりなさい』


チェギョンとのことに反対しない父にほっとしながら、俺はチェギョンの病室に向かった。







俺が行った時、ちょうどお母さんが病室から出て来たところだった。
弟は夜が明ける前に帰ったらしい。

「あ、イ・シンさん。 昨日は本当にありがとうございました」
「いいえ、無事でよかったです。 あの、お帰りになるんですか?」
「主人は出勤するし息子は学校があるので、私は一旦帰ります。 必要な物を持ってまた来ます」
「では俺がチェギョンの傍に居ます。 何かあったらお知らせします」
「ありがとうございます。 よろしくお願いします」


俺を信用してくれてチェギョンを託してくれたことが嬉しかった。







お母さんを下まで送って病室に戻ると、チェギョンはまだ眠っていた。
カーテンが開けられているので朝日が差し込んでいて眩しいくらいだというのに、チェギョンはピクリとも動かない。

「チェギョン・・・」

やっと会えた。




ピアノ練習室でチェギョンを抱いたのは2月初めだった。

あれから4ヶ月。
随分長かったように思うが、4ヶ月だ。


チェギョンにとっては最悪の4ヶ月だっただろうが、俺にとってはチェギョンのことだけを考えて過ごした4ヶ月だった。





チェギョンが眩しくないよう窓を背にして立ち、チェギョンを見つめる。

額の端にはガーゼが貼られているし、左腕は縫合しなければならないほどの傷だったらしい。
熱はそのせいだとか。

足は擦り傷程度だそうだが、この4ヶ月、心が休まる時はなかったはずだ。
今はゆっくり休んで欲しいと思う。




その時、じっと見つめていたチェギョンの瞼が震えた。

「チェギョン!」







「イ・シンさん・・・」
「ああ、俺だ」


俺の名を知っていてくれた。
爺さんは嫌だからと俺だったわけじゃないよな、チェギョン。

溢れる気持ちを抑え切れず、気付くと俺は、チェギョンの額にキスを落としていた。






次はこれの最終話なんですが、まだ書けていないので
明日はお休みします。
明後日夜10時にお会いしましょう。(^O^)v



関連記事
スポンサーサイト



40 Comments

hidedeeichan  

こんばんは😊

本当にチェギョンには最悪の4か月でしたね。泣けてきますよ😢
傷だらけにされ気を失っているチェギョンには聞こえてなかったかもしれないけどシン君がはっきりと‘チェギョンは俺の好きな子です’って言いましたね😻目覚めたら目を見て言ってあげて~そして傷ついたチェギョンをたっぷりと癒してあげてください!!
そしてユル・・気持ち悪い30歳なので遠くに行ってくださ~い(--)/~~

2019/12/06 (Fri) 22:35 | REPLY |   

まあむ  

こんばんは
4ヶ月でこれだけ色々な体験をしたのですから、
人生観が変わりそうですね。
始まりは異様でしたが、会えない時間で思いはしっかり育ちました。
幸せな未来が期待できますよね?

2019/12/06 (Fri) 22:39 | REPLY |   

りり  

やっとシン君に会えましたね。ユルは逮捕され会長も事情調査を受けるのですね。会長も自分の年考えているのか?高校生を愛人にする契約なんて。世間にばれれば叩かれるでしょう。しかしシン君たちに助けてもらってチェギョン良かった。

2019/12/06 (Fri) 22:46 | REPLY |   

ビオラ  

merryさま、こんばんは。お話の更新ありがとうございます。
やっとチェギョンをユルの元から救い出せましたね。
チェギョンがせめて始めては好きな人という理由で知り合った二人。でもそんなチェギョンに本気になったシンくん。シンくんはチェギョンの事だけを考えた4か月でかなり成長したみたいですね。
次回の最終話も楽しみです。

2019/12/06 (Fri) 22:53 | REPLY |   

コモモ  

こんばんは。
チェギョンにとって人生最悪の長い長い4ヶ月でしたね(/´△`\)
これからは、幸せになって欲しいですね。
シン君が、傍に居てくれたら大丈夫ですよね。
チェギョン、シン君の想いを素直に受けて欲しいなぁ~。



ユルの30歳とは思えない言動でしたね。体だけ大人で考え何かは小さい五歳時みたいでしたね。
チェギョンをオモチャみたいな扱い方だしね😠自分の仕出かした事を反省してもらわねば。
育った環境のせいと思うけど、余りにも酷かったですね( ´△`)









2019/12/06 (Fri) 23:07 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/06 (Fri) 23:09 | REPLY |   

sai*****  

こんばんは😊

2人にとってこの4ヶ月は、チェギョンにとっては人生で最悪の、シンくんにとってはチェギョンを想い切なくて長い4ヶ月でしたね😢

ユルは逮捕されて、会長も事情調査を受けることになりましたね‼️

シンくんやインくん、そして、チェギョンパパは知っていることを全て警察にはなしたのですから、もう2度とチェギョンのような辛い思いをする人が出てこないように、会長もユルも執行猶予なしの厳しい罰を与えて欲しいです‼️

それにしても、ユルは、本当に歳だけは大人なのに、中味は幼稚園児以下の最低最悪な男ですね😠

傷だらけになって、気を失っているチェギョンを前にして、チェギョンを助けてくれた人達に、『チェギョンは俺の好きな子です』…って✨

チェギョンが目覚めたら、きちんとチェギョンに言ってあげてね❤️

そして、傷付いているチェギョンを、シンくんの愛で癒してあげてね🎵

明後日の最終話を、とっても楽しみにしています✨

すごく辛い思いをした分、チェギョンとシンくんには、それ以上に幸せになって欲しいです✨

2019/12/06 (Fri) 23:25 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/06 (Fri) 23:43 | REPLY |   

シークレットガーデン  

ホッとしました。

毎回、ドキドキ、イライラ、ハラハラしどおしのお話だったので、その分良かったね~と今日は安心しながら読ませていただきました!チェギョンは短期間の間に一生分の悪いことが起きたみたいな感じなので、これからは幸せになって欲しいですねっ(^_^)

2019/12/06 (Fri) 23:47 | REPLY |   

yurin  

好きな人の名前を呼べる喜び

こんばんは^^v

今回も――
シン君の勘はアタリでしたねv-222
“早くチェギョンを見つけなければ”
そんな焦りもあったはず。
でも、冷静に周りの様子を見ていましたねv-218

騒然となる空港内で――
30の男が馬鹿なことを喚き散らす…
ユルは最低最悪男でしたv-217
でも、会長と共に警察で取り調べを受ければ犯罪者確定v-452ですね。

チェギョンにとって最悪の4ヶ月でした。
でも、あのとき。
咄嗟とはいえ会長を突き飛ばしたことで、もっと酷いことにならずに済んで本当に良かったです。
シン君とも再会できたしねv-221
最終話楽しみにしてますねv-352
今日はありがとうございましたv-354

2019/12/07 (Sat) 00:10 | EDIT | REPLY |   

マミリン  

おはようございます☁️

はぁ〜やっと会えました😅
シン君、心配で堪らない日々だったでしょう。
チェギョンにとって今の状況は「えっ!?、なぜ!?」でしょうね(笑)

たった一度あんな形での関わり合いだったのにこんなにも想いが溢れているなんて「貞操観念ゼロ」だったシン君には考えられない事でしょう。
どうする事もできない辛くて絶望的な4ヶ月だったチェギョンは、シン君のようにずっと思い続けていたなんて事はなかったような気もする。
それでも傍らで心配げに見つめているイ・シンはチェギョンにとっても想い人。これまでの日々を消し去るくらい幸せを感じて欲しい。
頼んだよ、イ・シン❗

更新ありがとうございました。
最終話、楽しみにしています。

2019/12/07 (Sat) 05:52 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/07 (Sat) 06:20 | REPLY |   

tiem  

merryさん、おはようございます!
更新ありがとうございます。

本当にチェギョンにとっては怒涛の4か月間だったのですねぇ。
エロ爺に、その血を引き継いだユル君。
この二人に本当に酷い目に。
もう、大丈夫だねぇ。
愛しい人を捜し求め、ようやく出会えたチェギョン。
傷を受け、本当に痛い思いを。
許せないですねぇ、会長とユル君。
手痛い思いをしたらいいんです。
己がどんなことを仕出かしてしまったかを。
チェギョンの両親も懺悔を。
ここまで苦しめてしまった事を。
でも、もう大丈夫ですねぇ。
こんな立派な人がチェギョンの傍にいるんですから。
貴女の事を、本当に捜しまわっていたんだよ、チェギョン。
これからはシン君にすがって行っても大丈夫だからねぇ。

2019/12/07 (Sat) 06:26 | REPLY |   

まめちと  

おはようございます

シンくん、やっとチェギョンを抱きしめることができたね
彼女の目覚めを待つ間、この4ヶ月の想いが溢れてきたね
さぁ何から話そうか…

ユルがこうなったのは、父親の背中見てきたからょね
女の人にばっか目を向けてないで、しっかり子どもたちを見とけって話
こってりと絞られればいいんだ!

シンくんがチェギョンの心をがっちり掴むか…最終話がとても楽しみ

2019/12/07 (Sat) 08:52 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/07 (Sat) 08:58 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/07 (Sat) 15:14 | REPLY |   

teraco  

こんばんは~

チェギョンにとって、凄絶な4ヶ月でしたねぇ。
短期間でこれ程の辛苦を味わったのだから
これからの人生は穏やかに幸せな人生であって欲しいものです。
その第一歩が、シン君との再会ですね。

更新ありがとうございました。

2019/12/07 (Sat) 18:01 | REPLY |   

Miko  

良かった~!

ケガをして大変だったけど目が覚めてシン君がいて良かったね~甘えさせてもらいますか?シン君は嬉しいと思いますよ。
でも、両親の心境は複雑ですね。心を入れ変えて頑張って欲しいです。

2019/12/07 (Sat) 18:47 | REPLY |   
merry

merry  

To hidedeeichanさま

コメントありがとうございます。

最悪の4ヶ月でしたねえ。
そうそう、眼が覚めたら言ってあげて欲しいですね〜。
ユルはほんとに気持ち悪い30歳でした・・・。(ーー;)

2019/12/07 (Sat) 20:49 | REPLY |   
merry

merry  

To まあむさま

コメントありがとうございます。

4ヶ月で大変な目に遭いましたからねえ・・・。
すごい始まりでしたが、シン君の思いは大きく育ちましたねえ。(笑)

2019/12/07 (Sat) 20:56 | REPLY |   
merry

merry  

To りりさま

コメントありがとうございます。

それが世間にバレれば叩かれますよね〜。
チェギョンを助けることが出来てよかったです〜。

2019/12/07 (Sat) 21:06 | REPLY |   
merry

merry  

To ビオラさま

コメントありがとうございます。

やっと救うことが出来ましたね〜。
ぷぷぷ、ほんと。
シン君はこの4ヶ月で成長しましたねー。(笑)

2019/12/07 (Sat) 21:09 | REPLY |   
merry

merry  

To コモモさま

コメントありがとうございます。

チェギョンにとっては人生で最悪の4ヶ月でしたねえ。
これからはシン君の傍で幸せになって欲しいです〜。
ユルは30にもなって相当イカれてました・・・。(ーー;)

2019/12/07 (Sat) 21:14 | REPLY |   
merry

merry  

To n さま

コメントありがとうございます。

ほんとオジサンは違う世界に飛んでますねえ。^^;
チェギョンにとってはまさしく怒涛の4ヶ月でした。
ぷぷぷ、シン君は既に恋人のつもりでしょうからねえ。(笑)

2019/12/07 (Sat) 21:20 | REPLY |   
merry

merry  

To sai*****さま

コメントありがとうございます。

この4ヶ月はそれぞれ長かったですねえ。
ユルは最低最悪の男でしたね〜〜〜。
僕のチェギョンなんて言いながら病院にも連れて行かないなんて。(ーー゛)

2019/12/07 (Sat) 21:26 | REPLY |   
merry

merry  

To yuko さま

コメントありがとうございます。

やっとチェギョンを取り返しましたね〜。
そ、家族の反対はないみたいですし、ハッピーエンドですね〜。(^^)

2019/12/07 (Sat) 21:31 | REPLY |   
merry

merry  

To シークレットガーデンさま

コメントありがとうございます。

皆さまもやっと安心出来ましたよね。(笑)
私もです。
これからはずっとシン君が一緒ですね。

2019/12/07 (Sat) 21:33 | REPLY |   
merry

merry  

To yurinさま

コメントありがとうございます。

シン君の勘は冴えてましたね〜。(笑)
空港で目立ちまくったでしょうから、起訴は避けられないですよね。
十分な罰を受けて欲しいですっ。
うん、突き飛ばしてなかったら・・・、諦めて愛人になってただろうし、そうしたらもうシン君には会えないとチェギョンは思いますよね・・・。
それこそ思い出になっちゃう。^^;
そうならなくてまだよかった。

2019/12/07 (Sat) 21:38 | REPLY |   
merry

merry  

To マミリンさま

コメントありがとうございます。

チェギョンにとっては、眼の前にシン君がいるなんて信じられないでしょうねえ。^^;
貞操観念ゼロ(笑)だったシン君はこの4ヶ月で本当の意味で男になったでしょうねえ。
そ、今傍らに居るシン君はチェギョンにとっても好きな人です。
これからはずっと一緒ですね。(^^)

2019/12/07 (Sat) 21:50 | REPLY |   
merry

merry  

To m さま

コメントありがとうございます。

チェギョンはふらふらだったでしょうがよく頑張りましたよね〜。
ぷぷぷ、ほんとシン君もまともになれました。(笑)
2人のスタートは人には言えませんが、これからは恋人同士として過ごしてほしいですね〜。

2019/12/07 (Sat) 21:53 | REPLY |   
merry

merry  

To tiemさま

コメントありがとうございます。

チェギョンにとっては怒涛の4ヶ月でした。
よく頑張りましたっ。
エライ目に遭いましたが、これからはシン君が傍に居ます。
幸せになってほしいですね。(^^)

2019/12/07 (Sat) 21:56 | REPLY |   
merry

merry  

To まめちとさま

コメントありがとうございます。

シン君はずっとチェギョンを想ってましたからねえ。
溢れちゃうのは当然?(笑)
チェギョンの心は既に掴んでると思いますよ〜。

2019/12/07 (Sat) 21:59 | REPLY |   
merry

merry  

To ふ さま

コメントありがとうございます。

チェギョンは、少しは悲観もあるかもしれませんが、まあ結局大丈夫だったわけですしね。(笑)
あー・・・、そこまで出来るかなあ??^^;

2019/12/07 (Sat) 22:02 | REPLY |   
merry

merry  

To j さま

コメントありがとうございます。

漸く会えましたね〜〜。
会長のほうはあっさり諦めてくれたのに、ユルは怪我してようとお構いなしでしたもんねえ。
最悪な30男でした。(ーー;)
告白タイムは病室でしょうねえ。(笑)

2019/12/07 (Sat) 22:11 | REPLY |   
merry

merry  

To teracoさま

コメントありがとうございます。

ほんとほんと、一生分くらいの辛苦だっただろうから、これからは幸せなことばかりであってほしいです。
その第一歩がシン君との再会なんて上手いこと言いますねえ。(≧∇≦)b

2019/12/07 (Sat) 22:15 | REPLY |   
merry

merry  

To Mikoさま

コメントありがとうございます。

チェギョンが戻ってほんとによかった!
家族も気が気じゃなかったでしょうねえ。(T_T)

2019/12/07 (Sat) 22:17 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/07 (Sat) 23:28 | REPLY |   
merry

merry  

To と さま

コメントありがとうございます。

ほんとほんと、いくらシン君が居ても家族に会えなかったら信用なんて出来ないですよねー。
プププ、まさしく、どれがいいのか判らない状態でしたねえ。
今は先ず休んで欲しいです。(^ ^)

2019/12/08 (Sun) 08:21 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/08 (Sun) 22:32 | REPLY |   
merry

merry  

To し さま

コメントありがとうございます。

ソレがなければ歩くハンチャンテ(笑)だったシン君がこんなに変わることもなかったでしょうねえ。(≧▽≦)
チェギョンの家族としちゃ娘を助けてくれたシン君なので反対するわけもないし。
そ、ユルの罪は何十年という重いものではないですよね〜。悔しいことに。
チェギョンも、先ずはゆっくり休んで欲しいです。

2019/12/08 (Sun) 22:58 | REPLY |   

Post a comment