FC2ブログ

meet again 10



カフェで昼食代わりのサンドイッチを食べ、2杯目のコーヒーを飲んでいると、やっとインがやって来た。
午後2時になっていた。

「腹減った・・・」

がっつりしたメニューがないのでインもサンドイッチを頼み、俺も別の飲み物を頼んで、俺たちはお互いの報告をした。


と言っても俺の方は大した報告ではないが、インの方は色々あったようだ。





「あの夫人、先ずひとつのマンションに向かったんだ」

そこでひと騒ぎあったらしい。

「ユルが会社を出たと聞いたわ、此処に居るんでしょ、ドアを開けなさい!って部屋の前で夫人が怒鳴っててさあ。 あそこが多分、ソ・ユルが女を連れ込む部屋なんだろうな」


マンションの警備員が夫人の顔見知りだったようで、エントランスは通れたのだが、部屋の前に陣取っていた男に阻まれていたそうだ。



「見張ってる男が居たってことか? お前はどうやってマンションに入ったんだ?」
「他の入居者が入る時に友人のふりをした」
「・・・よく摘み出されなかったな」
「人徳だよ、人徳! おかげで奴らの話を聞けたんだぞっ」
「・・・」




結局夫人は息子の部屋に入れず、ドアに向かって散々喚いていたそうだ。

「誰のおかげで会長の息子になれたと思ってる!とか」

偶々男を産んだだけだろう?

「仕事を放り出して女のところに来るなんてどうかしてる、父親と同じだ、早く会社に戻れ!とか」

正論だな。




ぷんぷん怒りながら夫人は帰ったそうだが、インはソ・ユルが出て来るかと待っていたらしい。
すると。

「医者が出て来た」
「医者??」
「ああ。 ちゃんと白衣を着てて看護師も一緒だった」
「・・・女が怪我するか病気になったのか?」
「かもな」




見張りの男が医者を見送ったあと、ソ・ユルも部屋から出て来たのだが、見張りは部屋の外に残ったそうだ。
ということは中に女が居るのだろう。


その後インは、エレベーターに乗ったソ・ユルを追って階段を駆け下りたのだが、タクシーがすぐに掴まらなかったことで、結局彼を見失ったらしい。




「どうせ会社に戻っただけだろう。 だがイン、そっちはすごい収穫があったな。 ありがとう」
「いいって、いいって」

インは少し照れたようにコーヒーを流し込んだ。







何杯目の飲み物か判らなくなって来た頃になって、やっとソ・ガンヒョンが現れた。
だが、一人ではなかったのである。



「ご紹介します。 私の姉のソ・ヨンホです」
「初めまして」

ソ・ヨンホということは、母親が亡くなったという会長の三女で、ソ・ガンヒョンのすぐ上の姉だ。
それぞれ母親に似たのか、写真で見た会長とは顔立ちが違う。


2人で来た理由は聞かずに、俺は笑顔で挨拶した。

「歓迎します。 さあ、座りましょう」





最初に俺とインの身元を明かし、好きなチェギョンが急に居なくなって連絡も取れなくなって探していることを伝え、ソ会長との契約もチェギョンが会長を突き飛ばしたことも調べて判ったと伝えた。

チェギョンとの本当の出会いなど言う必要はないのだ。






「・・・そのことも知っているんですか」

そう言ったソ・ヨンホは、妹に目配せしてから再び口を開いた。

「私たちが知っていることは全てお話します。 早くチェギョンを見つけてあげてください」
「・・・見つけるとは?」

俺の問いに、ソ・ガンヒョンが答えた。

「チェギョンは・・・、会長が病院に運ばれてからキム秘書さんが戻るまでの間に、居なくなっていたんです」
「え!??」






チェギョンは、会長が用意したマンションに住んでいたそうだ。
会長を突き飛ばした日がチェギョンの誕生日だと聞いた時は、テーブルに拳を叩き付けそうになってしまった。

誕生日になんて最悪じゃないか!!!



「見張られてるってチェギョンは言ってました。 そこまでしないと逃げられると思ってたんでしょうね」

見張っていないと逃げられる・・・。
ふと、ソ・ユルのマンションを思い出した。




チェギョンを手に入れるために会長が裏でしていたであろうことも、とても許せるものではなかった。

「それでも、会長は夫人に言ってました。 好きになったんだと」
「・・・75歳の会長が16歳の高校生を好きになったと?」

何だと・・・?

自分でも顔が険しくなったのが判った。

「はい・・・」

姉妹は身体を引きながらも声を揃えた。






だが本当にチェギョンに本気だったのか、会長は、チェギョンに拒絶されたことで契約書を破ったそうだ。

「17くらいでは覚悟も出来ないようだって言って、チェギョンとの契約書を破りました。 私、ちょうどその時病室に居たんです」

ソ・ガンヒョンはそれを見て慌てて録音したらしく、その音声も聞かせてくれた。



『シン家のはした金なぞくれてやる! 元々儂が作らせた借金だ、あの娘が嫌だというならもう良い!』
『これをシン・チェギョンに渡して家に帰してやれ! もうお前の顔も見たくないと言うんだ!』



ベッドに横になったまま書類を破った会長に、はいと返事したキム秘書は、破った2枚を手にチェギョンが待っているはずのマンションに行ったそうだ。





チェギョンがマンションに居なかったというのは、キム秘書が夫人に連絡して来たことで、まだ病室に居たソ・ガンヒョンの耳にも入ったらしい。



「見張りが居たのでは?」
「・・・あの日は、その、会長が行く日だったので、見張りはその日の午後までだったみたいです」
「・・・」

・・・チェギョンとイタすから、ということか。



「ではチェギョンは・・・、今どこに居るのか判らないんですか?」
「・・・はい」

姉妹は悄然と頷いたが、俺とインは思わず顔を見合わせた。


・・・もしかしたらソ・ユルのマンションに居るのかもしれない。





インもそう思ったようで、俺が聞くより早く2人に聞いていた。

「お兄さんのソ・ユルさんはどんな人ですか?」
「優しい兄です」
「私たちのことも気遣ってくれますし、会社の仕事も頑張ってるみたいです」

2人は口を揃えてソ・ユルを褒めた。
女を連れ込むマンションを持っていることは知らないようだ。


大学生と高校生の女の子なのでそれは言わないでおこうと俺は思ったのだが、インがあっさり口にした。

「でも女性とはお盛んのようですよ。 マンションを所有していて、そこへ女性を連れて行くみたいですから」
「「え!??」」




インは、ギョンが又聞きしたソ・ユルと女性との会話も2人に話してしまい、妹は驚いていただけだったが、姉の方は、そう言えばと呟いた。

「兄が電話で漏らした名前を聞いたことがあります。 ヒョリンって言ってました」
「ヒョリン?」
「はい、確かミン・ヒョリンでした」

ミン・ヒョリン・・・。






その後、後妻に収まっているイム・ファヨンのことや他の姉たちのこと、キム秘書と顧問弁護士のペク・チュンハのことも聞いた。


愛人たちのことは想像通りというか、眼の前に居る姉妹の母親たち以外は金目当てだったことには納得した。

この2人の母親もチェギョンのように無理やり愛人にされたので、金の力で5人目の愛人にされてしまったチェギョンを、気の毒に思っていたようだ。




キム秘書は、亡くなった父親が前会長秘書だったらしく、父親の後を継いだ形になっているそうだ。

「キムさんはいい人です。 チェギョンのことでも、いくら何でもそれは犯罪だと会長に言ってましたから」




ペク弁護士についてソ・ガンヒョンは、自身の母親の時も彼が話を付けたことを聞いていたようで、何を考えてるのか判らない人だと言った。

「会長に従ってるだけかもしれませんが、弁護士なのに弱い者いじめをしているようにしか思えません」

父親のことも<会長>としか呼ばないし、なかなか辛辣な女の子だ。



ソ・ヨンホは、ペク弁護士の他の話を知っていた。

「ペクさんのことですが、昔会長に助けられたとか言ってたのを聞いたことがあります」

その言葉に眼を丸くしたのはソ・ガンヒョンだった。

「え、そうなの? 私会長の長男だと思ってた」
「だったらユルオッパが後継者になってないでしょ?」
「あ・・・、まあ、そうね・・・」


姉妹は納得したかのように話を終わらせたが、俺は気になった。
ペク・チュンハのことも詳しく調べる必要がある。






「ありがとうございました。 助かりました」
「チェギョンを見つけてくださいね」
「はい、必ず」


彼女たちをソ家の近くまで送ってから、俺とインはソ・ユルのマンションに向かった。
チェギョンが居るような気がするのだ。




関連記事
スポンサーサイト



38 Comments

まあむ

こんばんは
イン君ここまで近くにいたのに、残念だわ~(>_<)
今回はガンヒョンたちから重要な情報を得たし、
長く思い続けただけあってシン君の勘も大したものです。
今度こそ、再会は近いかな?

  • 2019/11/29 (Fri) 22:13
  • REPLY

hidedeeichan

こんばんは😊

会長が契約書を破りチェギョンは自由になったはずなのに、それを隠してかくまっている振りしながらチェギョンを閉じ込めているユルが怖いよ~😱
もしかしたら会長より腹黒い奴かも!!ガンヒョン達もしっかりと騙されてますよね😖
病院に行けば逃げれるチャンスと思ったのに医者を呼んだのか~
シン君達がユルのマンションが怪しいと感づいてくれて良かった。早く助けて!!

  • 2019/11/29 (Fri) 22:17
  • REPLY

せい

ユルは味方⁉️

更新ありがとうございます。
初めはユルが味方なのかなと思ってましたが、会長の言葉でなんか違うと感じちゃいます。
皆がいい人と言うのも、表の顔だけ見せてる気がして…謎。
ガンヒョン等も騙されてたとしたら、巧妙ですね。チェギョンが欲しいのか、はたまた何か野望があるのか。
(本当にいい人だったら、申し訳ない)
ますます今後の展開が楽しみです❗

himawari

やっぱりねー(´Д`)

やっとシン君がチェギョンに近づいて来たので、嬉しくてワクワクしてます。
期待していただけに、早くユル君を懲らしめて欲しいです。

何時も楽しませて頂いてありがとうございます。
感謝しておりますm(__)m

  • 2019/11/29 (Fri) 23:11
  • REPLY

yurin

大収穫!

こんばんは^^v

イン君――
凄―――く、頑張ってくれましたv-221
ユルのマンションに見張りがいる。
そしてガンヒョンたちの証言。
チェギョンは見張られている。

そしてもっと凄いのが。
シン君の勘ですv-218

上手く助け出す方法があるといいのですが…
お話の続き楽しみにしてますねv-352
今日はありがとうございましたv-354

コモモ

こんばんは。
イン君のは、凄い収穫でしたね。
中にいるのは、チェギョンよって教えたい程ですね。
ガンヒョンもその上の姉もユル君が、良い兄と思っている様ですが、騙されているんでしょうかね?
チェギョンのケガが、大した事を祈るばかりです。





-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2019/11/30 (Sat) 00:12
  • REPLY

りり

インがユルのマンションを突き止めたことは良かったけど。ガヒョンたち妹はとても優しい兄だと言っている。けどインもシン君もユルのマンションにチェギョンがいる気がしている。ユルの本心は父親と同じね。

  • 2019/11/30 (Sat) 00:47
  • REPLY

sai*****

こんばんは😊

まさか、会長が病院で契約書を破り、チェギョンを家に帰してやれと言っていたなんて…

ユルが来ていなかったら、チェギョンは、今頃自由になったはずなのに😠

それなのに、ユルはいい人を装って、チェギョンをユルの秘密のマンションに、見張りをつけて閉じ込めておくなんて😠

会長も会長だけど、ユルの方がもっと最悪かも😞

今回、ガンヒョンたちから重要な情報を得ることが出来たし、シンくんの勘も冴えてるようなので、チェギョンを助け出すのももうすぐでしょうか?

チェギョン、きっと、シンくんがあと少しで助け出してくれるはずだから、それまでがんばって‼️

シンくん、愛するチェギョンのこと、1分1秒でも早く助け出してあげてね✨

  • 2019/11/30 (Sat) 01:27
  • REPLY

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2019/11/30 (Sat) 02:44
  • REPLY

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2019/11/30 (Sat) 04:54
  • REPLY

 ビオラ

merryさま、おはようございます。お話の更新ありがとうございます。
会長、契約書を破ってチェギョンを自由にしてくれたんですね。どんな心境の変化なんでしょう?それなのに今度はユルが監禁ってユルもチェギョンを狙っていた?でもインくんのおかげでチェギョンの居場所の見当がつきましたね。インくん、ナイスです。

  • 2019/11/30 (Sat) 05:20
  • REPLY

tiem

merryさん、おはようございます!
更新ありがとうございます。

イン君、遅れて到着。
有力情報をもって、皆の前に。
マンションに医師、看護師が来ていたという情報も。
ユル君も来たが直ぐに出て行ったと。
母親の苦言で会社にかなぁ?
ということは、マンション内にチェギョンは・・・
そんな話をしてたらガンヒョン達が。
ユル君は優しい兄だなんてことを。
仮面を被っているのかなぁ??
ヒョリンという女性がいるにもかかわらず、チェギョンを。
会長より、悪人??
話を聞いて、シン君達は行動を開始。
マンションに向かったんですねぇ。
見張りがいるけど、大丈夫かなぁ??

  • 2019/11/30 (Sat) 05:46
  • REPLY

マミリン

おはようございます☀️

ガンヒョン達は「知ってること全て」を話してくれましたね。
merryさんがコメントして下さった「会長は決めた」は、そう言う事だったんですね。それに元はと言えばシン家の借金は会長が作らせたものだったなんて。
そんなに前からチェギョンを狙っていたとは……。本当に好きだったと言ってるらしいが、信じられない心理だわ。
破れた契約書を持ちキム秘書が向かったが、一足遅かった。ユルが横からかっさらって行った。
シン君とイン君はガンヒョンの話から、ユルのマンションにチェギョンは居ると考えたんですね、正解❗
どうやって見張りとユルからチェギョンを救い出すか!?ファヨンも邪魔だし。
会長にチクるとか!?
そして会長がユルにキレて追い出す!?
ダメだ、安直過ぎる😅
でも早くしないとまた何処に隠されてしまうかも😥💦


更新ありがとうございました。
続き楽しみにしています。

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2019/11/30 (Sat) 06:42
  • REPLY

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2019/11/30 (Sat) 09:55
  • REPLY

teraco

こんにちは~

会長、貴人は到底無理だけど(笑い)
最後にちょっとだけ善行(元々は会長のせいだけど)でしたね。
なのに…ユルはとんでもない奴で。
取り敢えず、チェギョンの治療は手配してくれた様ですが
これも元はといえばユルのせい。
シン君はどんどんチェギョ近くなってますね。
この調子で一気に救いだしてくれるといいな。

更新ありがとうございました。

  • 2019/11/30 (Sat) 15:29
  • REPLY

Miko

こんばんは!

イン君は良い仕事したんですね…。何だかヒョリンの名前まで出てきて、直ぐにでもチェギョンて会えそうな気がするけど簡単には無理なんだろうな!
でも、ユル君が戻る前に救出して欲しいです。

  • 2019/11/30 (Sat) 19:28
  • REPLY
merry

merry

To まあむさま

コメントありがとうございます。

すぐそこに居たのにね〜〜〜〜〜〜〜。
再会は・・・、まだかな?^^;

  • 2019/11/30 (Sat) 20:25
  • REPLY
merry

merry

To hidedeeichanさま

コメントありがとうございます。

そ、チェギョンは実は自由になってたんですよ〜〜〜。
ユルの口車に乗らずにそのまま待ってたら家に帰れたのに〜〜〜。(-_-;)
ガンヒョンたちには優しいみたいですね・・・。

  • 2019/11/30 (Sat) 20:30
  • REPLY
merry

merry

To せいさま

コメントありがとうございます。

いえいえ、ユルはいい人なんかじゃないですよ〜。
まだ会長のほうがマシかも。(笑)

  • 2019/11/30 (Sat) 20:32
  • REPLY
merry

merry

To himawariさま

コメントありがとうございます。

近付いて来ましたね〜。
早くチェギョンを見つけてあげて欲しいです。

いえいえ、こちらこそいつもありがとうございます。(^^)

  • 2019/11/30 (Sat) 20:38
  • REPLY
merry

merry

To yurinさま

コメントありがとうございます。

そ、イン君がすごーく頑張ってくれました。
おおっ、もっとすごいのはシン君の勘ですか〜〜〜!(≧▽≦)
早く助けて欲しいですね〜〜〜。

  • 2019/11/30 (Sat) 20:42
  • REPLY
merry

merry

To コモモさま

コメントありがとうございます。

そ、中に居るのはチェギョンなのにねー。
ガンヒョンたちには優しいのかもしれないですが、チェギョンを監禁はマズイですよねー。(ーー;)

  • 2019/11/30 (Sat) 20:51
  • REPLY
merry

merry

To ふ さま

コメントありがとうございます。

まだ爺さんのほうがマシかも、と思っちゃいますよねー。^^;
そ、物理的にはかなり接近しました、インがね。(笑)
マンションに向かいましたが・・・。

  • 2019/11/30 (Sat) 20:55
  • REPLY
merry

merry

To りりさま

コメントありがとうございます。

ガンヒョンたちには優しいお兄さんかもしれませんが・・・、監禁はね〜・・・。
うん、父親と同じでチェギョンを手に入れたいんでしょうねえ。(ーー;)

  • 2019/11/30 (Sat) 21:00
  • REPLY
merry

merry

To sai*****さま

コメントありがとうございます。

そうなんです、チェギョンは自由になってたんですよ〜〜〜。
だからユルが先に来たんですが。^^;
ほんとほんと、シン君の勘が冴え渡ってて居場所は当てたみたいですね〜〜〜。

  • 2019/11/30 (Sat) 21:06
  • REPLY
merry

merry

To n さま

コメントありがとうございます。

そ、シン君とインの考えはビンゴ!です。
会長は本気だったんですね〜〜〜。
せっかく自由になれたのにユルったら!!
「オヤジの上行く執着心」に笑っちゃった!(笑)

  • 2019/11/30 (Sat) 21:13
  • REPLY
merry

merry

To と さま

コメントありがとうございます。

純愛!!(笑)
とにかく会長があっさり諦めてくれたのはよかったですが・・・。
ユルのほうが質悪いですよね〜〜〜〜〜!(@_@)

  • 2019/11/30 (Sat) 21:19
  • REPLY
merry

merry

To ビオラさま

コメントありがとうございます。

そりゃあ突き飛ばされて拒絶されたからでしょうねえ。
ユルの監禁も問題ですよね〜〜〜〜。(ーー;)
居場所の見当が付いたので、早く助けてあげてほしいですね〜。

  • 2019/11/30 (Sat) 21:23
  • REPLY
merry

merry

To tiemさま

コメントありがとうございます。

そ、チェギョンは部屋に居るんですよねー。
イン君はすぐそこに居たのにねえ。
妹たちにはほんとに優しいんだと思いますよ〜。^^;
そ、見張りが居るんですよね〜〜〜、どうしよ・・・。

  • 2019/11/30 (Sat) 21:29
  • REPLY
merry

merry

To マミリンさま

コメントありがとうございます。

そういうことなんです。
ユルと同じように一目惚れでもしてたんでしょうかねえ?
でもまだユルよりマシだったかも。^^;
そ、一足遅かったんですよねー。
あ。そういえばシン君たちも一足遅いんです・・・。

  • 2019/11/30 (Sat) 21:33
  • REPLY
merry

merry

To m さま

コメントありがとうございます。

そ、自由になれたチェギョンだったのにー。
妹には優しくてもエロ遺伝子はしっかり受け継いだようです・・・。(ーー;)

  • 2019/11/30 (Sat) 21:36
  • REPLY
merry

merry

To j さま

コメントありがとうございます。

イン君は頑張ってくれましたよねー。
見張りからの電話で、ユル君が会社を出たことがファヨンの耳に入ったんでしょうねえ。^^;
せっかく会長が自由にしてくれたのに、先にユルに連れて行かれたせいで、チェギョンはそれを知らないんですよね〜・・・。

  • 2019/11/30 (Sat) 21:43
  • REPLY
merry

merry

To teracoさま

コメントありがとうございます。

お!!「貴人」に反応しちゃった!!
実はだからつい「ジホン」って付けちゃったんですよねー。(≧▽≦)
それほどいい子ではないけど。^^;
そ、会長は最後にちょっとだけ善行しました。(笑)
シン君は近付いてますよね〜〜〜。

  • 2019/11/30 (Sat) 21:47
  • REPLY
merry

merry

To Mikoさま

コメントありがとうございます。

そうなんです、まだ会えないんですよねー。^^;
ユルが戻るのは夜でしょうが、それまでどうかな〜???

  • 2019/11/30 (Sat) 21:51
  • REPLY

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2019/11/30 (Sat) 22:33
  • REPLY
merry

merry

To し さま

コメントありがとうございます。

心底嫌がってることに気付いて、もう解放してやろうと思ったんでしょうねえ。
もっと早く気づけよ!と言いたいけど。^^;
ジジイの最後の気持ちでしょうねえ。(笑)
そう!「それなら僕が」だったんでしょうねえ。
次もそう!これがバレたら本気(笑)だった会長が怒るだろうし、ファヨンはバレないように必死。
これがどうなるか、ですよ〜〜・・・。(ー_ー;)

  • 2019/11/30 (Sat) 22:46
  • REPLY