FC2ブログ

肆拾伍 13

次の朝、私が登校前に制服に着替えていると、兄が部屋に飛び込んで来た。「きゃ!!」ブラウスの袖を通したところだったので下着が丸見えだったはずなのに、兄はタブレットを手に平気で私の傍に来た。「チェギョン、これを見ろ!」「せめてボタンを留めるまで待ってよ!」「早くしろよっ」「これ・・・」ネットには、偉そうなヒョリンの写真がいくつも出ていた。顎を上げて、傍に居る生徒を見下しているような表情だ。でもヒョリン...

You only live once 1

人生は一度だけ。ならば今を楽しまないとな。中学生になる前に親友を交通事故で亡くした俺は、突然居なくなった彼を思って泣いた。たった12年の彼の人生が終わってしまったことが哀れで、もう会えないのが悲しくて。彼の家族に見せてもらった彼の遺品の中にあったノートには、中学生になってからバスケット部に入りたいとか、大人になったら○○ちゃんと結婚したいとか、彼の夢が書かれていた。○○を好きだったのかと、親友なのにそ...

肆拾伍 12

府院君さまの浮気を聞かされた2日後の日曜日、殿下とヒョリンの公務がテレビ中継されていた。「美術館のオープンセレモニーですって」母の言葉に、ふうんと返事しながら観ていた時、2人に生卵がぶつけられるという事態が起こったのである。「・・・」母と2人で言葉もなく唖然としていると、画面の中でヒョリンが眼を剥いて怒っていた。『何なの!? 皇太子妃にこんなことをするなんてどういうつもり!?』『すぐに犯人を捕まえ...

肆拾陸 4

王族ミン・ユンギは、高校と大学時代のヒョンの後輩に当たる。その頃からせっせと媚を売ったことでヒョンの信頼を得ていたユンギは、だが、ヒョンが婚姻後に1人の女官を呼び出せと言った時には流石に驚いた。まだ結婚間もないというのに、妻は妊娠しているというのに、他の女と?だが、これで恩を売れると思い直し、ユンギはシム・ファヨン女官をヒョンの元へ送ったのである。なので、ファヨンの妊娠にビビったヒョンが彼女を宮か...

肆拾伍 11

チ・ソヌを調べてくれとインに頼んだ数日後の土曜日の夜、インから電話があった。『音楽科の生徒に聞いてみたけど、ヒョリンというより、あの高校って科が違うと殆ど接点は無いみたいだ』なので音楽科には、ヒョリンの顔も知らなかった生徒が多数居たらしい。チ・ソヌとの接点も、学校では見つからなかったようだ。「学校では、というと?」『実はさ、家が近所だったんだ』チ・ソヌの家とミン家は、番地も通りの名前も全然違うのだ...

肆拾伍 10

「おはよう、チェギョン」ヒョリンの低い声が横から聞こえて来て、私も笑顔で返事をした。「おはよう、ヒョリン」ヒョリンは笑っていたが、”笑顔なのに眼が笑ってない”ってのはこういうのを言うんだろうな、と思う。「おはよう、チェギョン」「おはよ、ユル君」正直、今はユル君とは距離を置きたい。皇太子とのスキャンダルが出た上に大君とも仲良くて、今は表面上皇太子妃とも親密だ。妬まれるばかりだろう。「ねえ、チェギョン。...

肆拾陸 3

ユルを皇太子代理にというヒョンの言葉に皆が少なからず衝撃を受けている中、ユルははっきり断った。「いいえ、私には荷が重すぎます」「そんなことはない。 元々はそなたが皇太子だったはずなのだから」シンも居るこの場で平気でそう言ったヒョンに対して、ヘジャが口を開くより早く、やはりユルが言った。「いいえ。 例え母がこちらで私を産んでいたとしても、女官の息子の私が皇太子のはずがありません」「それは違うぞ、大君...

肆拾伍 9

握手の後、ヒョリンって良い子だと思った。やっぱり先帝陛下が決めた許婚ね、と思ったのである。ところが。「チェギョン、ちょっと」「うん」お弁当を食べてからヒョリンに呼ばれて付いて行くと、彼女は外階段に向かった。そしてそこで、思いもしないことを言われたのである。「皆の前では笑顔で握手したけど、正直夫のスキャンダルの相手となんて仲良くなれないわ。 それは判るでしょ?」え・・・。「うん・・・」戸惑いながらも...

甘いささやき

肆拾陸 2

「よく戻った、義誠大君」皇帝ヒョンは、帰国の挨拶を終えたユルに、にこやかにそう言った。“義誠大君”というのはユルの敬称だ。いくら皇帝の兄で元皇太子の息子だとしても、13年間市井で生きて来たことと隠し子と国民に認識されていることで、シンと同等の恭親王という敬称には出来なかったのである。いや、8年前ヒョンはそれを口にしたのだが、ヘジャとスヨンが反対したのだ。母と義姉に反対されたので、ヒョンは引くしかなか...