FC2ブログ

参拾玖 22

コン内官に連れられてチェギョンが俺の部屋にやって来た。おばあさまたちに会って、俺との“交際中”を承諾したらしい。「・・・よろしくお願いします」小さくそう言ってペコンと頭を下げたチェギョンは、チェ尚宮とコン内官が出て行って俺と2人になるや怒った。「何故こんなことになるの? 私を巻き込まずに解決出来ないわけ?」明らかに迷惑そうだ。だがせっかくこうして俺の前に居るチェギョンを、今更手放すことなどない。「証...

参拾玖 21

やはりというか、皇位継承者の許婚のことが報じられた。それも、新聞記事より先にテレビでニュースになったのである。ユル側の誰かがリークしたということだ。コン内官と一緒にテレビを見ながら、俺は彼に頼んだ。「恵政宮さまでないのならチェ・ジノでしょう。 何とか拘束することは出来ませんか?」「手配してみます」その後すぐインから電話があり、ネット記事を上げるということだった。「どんな記事だ」『出たら判るさ。 多...

参拾玖 20

『皇位継承者の許婚のお嬢さまは、義誠君殿下と交際中なのでしょうか?』『同じ大学なので親しくなられたようですね』テレビ画面の中で、アナウンサーが嬉しそうにそう言っている。・・・何これ。テレビ画面には、あの日のサンタクロースと私が映っている。勿論サンタはサンタのままだし私の顔にはモザイクがかけられているのだが、こんなのを見たら一緒にボランティアに行ったウナとミヌが気付くかも。「へえ〜、じゃあその子と結...

参拾玖 19

数日後、インに思わぬことを言われた。「実は俺の従姉妹の友人の名前が、シン・チェギョンとイ・ユルなんだ」「え?」カン・ヘナという同い年のインの従姉妹から、大学の友人に「シン・チェギョン」が居ると聞いたインは、シンの許婚と同じ名前だと言ってしまったらしい。そのことでなんとそのカン・ヘナは、シン・チェギョン本人に確認したようなのだ。・・・確認?「あ! でもチェギョンは認めたわけじゃなく、彼女の慌てたよう...

参拾玖 18

友人だからって、元許婚の私の名前までカン・イン君に喋るってどうなんだと思っていると、ヘナが慌てて言い訳をしていた。「あ、でもね、殿下は口を滑らせたみたいよ」カン・イン君の話では、ヒョリンのことで色々話した時に殿下が漏らしたそうだ。許婚は高校の同級生だったと。「その時にもう1人の友達が、名前は?って聞いて、殿下がうっかり漏らしたみたい」で、その後カン・イン君を含む友人たち3人が、アルバムを引っ張り出...