FC2ブログ

merryの宮

Welcome to my blog

CategoryRed string(完) 1/5

Red string 21(完)

No image

「じゃあな、ばあちゃん。 偶には面会に来てくれよ」「無理だね、私は忙しい年寄りなんだよ」そう言いながらも面会に来てくれるであろう祖母に手を振って、俺は駐屯地に送ってくれるコン秘書の車に乗り込んだ。後部座席から車窓を眺めながら、俺は先日のチェギョンとの電話を思い出していた。私にはシン君だけ。シン君のキスも私だけのもの。可愛いことを言ってくれるチェギョンに、更に心を鷲掴みにされた。電話で良かったな、チ...

  •  -
  •  -

Red string 20

No image

フランスに居るガンヒョンの従兄弟は、イ・ユルさんという人だった。「初めまして。 ガンヒョンの従兄弟のイ・ユルです。 よろしくね、チェギョン」「こちらこそよろしくお願いします」ユルさんの家は3階建で、1階がリビングやダイニングなどで、そこを共用スペースにしてくれて、2階がユルさんの部屋、ガンヒョンと私は3階の部屋をそれぞれ使わせてもらうことになった。一人住まいなのになんでこんなに大きい家なのかという...

  •  -
  •  -

Red string 19

No image

パク弁護士はその日のうちにミン・ヒョリンを殺人と殺人未遂と強姦未遂、キム・ギジュンを強姦未遂の共犯者として俺の名で告訴の手続きを取った。殺人というのはチェギョンの腹の子のことだ。妊娠しているのを承知で突き飛ばしたのだ。絶対に許せない!あの新聞記事が出てから、ミン家には常に数人の記者が張り付いていて、警察官が乗り込んだ時からヒョリンが拘束されて家を出て来たところまでがカメラに収められたようだ。情報は...

  •  -
  •  -

Red string 18

No image

月曜日の早朝、俺はコン秘書とファンとともに、キム先輩が居る部隊に向けて家を出た。チェギョンは今日午前中に出国する。次いつ会えるか判らないので見送りに行きたかったのだが、今はこちらを片付けることを優先しなければならない。チェギョンには、昨夜のうちにメールを入れた。『明日フランスに発つと聞いた。 見送りに行きたいが、先にこちらのことに片を付けようと思う。 これが済んだら俺は入隊する。 以前も書いたが、...

  •  -
  •  -

Red string 17

No image

カメラの映像を見て茫然としていたミン氏は、娘とよく話し合うと言って、ヒョリンを引き摺るようにして部屋を出て行った。最後に部屋を出たキム氏は、俺たちに詫びてくれた。「申し訳ありませんでした。 奥さまの流産は娘のせいだったんですね。 本当に申し訳ありませんでした!」さすがの祖母も、深く頭を下げたキム氏にかける言葉もないようだった。 同じ母親として気持ちが判るのだろうか。この時キム氏は、ヒョリンが不特定...

  •  -
  •  -