FC2ブログ

merryの宮

Welcome to my blog

CategoryFour-leaf Clover(完) 1/6

Four-leaf Clover その後

No image

マンションの部屋に帰ると愛しいチェギョンが俺を待ってくれている。それを思うと、早く仕事を終わらせたいと思う。退化などと母に言われたので、そんなことにはなっていないのだと証明しなくてはならないのだ。が、ここ暫く早く帰れていない。ホテル内で客のトラブルがあったり、会議が長引いたりしているのである。今日も客同士の喧嘩がやっと解決して慌ててマンションに戻ると、遅くなるとメールしていたからか、チェギョンはも...

  •  -
  •  -

Four-leaf Clover 27(完)

No image

留学の話をした時、最初チェギョンは遠慮した。だが、ガンヒョンも一緒だし今こんな時だから行くほうが落ち着くと皆に言われ、”希望の家”の院長にも言われ、やっとチェギョンは首を縦に振ったのである。行くなら早いほうがいいと、チェギョンとガンヒョンは準備が整い次第イギリスに行くことになった。イギリスはシン・ユルが向かうのだそうだ。チェギョンはチェソン氏やユルと連絡を取り合っているので、ユルがイギリスに行くと知...

  •  -
  •  -

Four-leaf Clover 26

No image

家に帰り門を潜って、玄関までの広い庭の敷石の上を、チェギョンの肩を抱いたまま歩いていると、シン・ユルが飛び出て来た。シン・ユルは俺など眼に入っていないようで、チェギョンだけを見つめている。チェギョンも、まだ赤みの残っている眼でシン・ユルを見つめていた。シン・ユルが泣き笑いの表情を浮かべて言った。「・・・ほんとだ。 おじいさまの家にある写真の伯父さんと眼が一緒だ。 おんなじ眼をしてる」「ユル君・・・...

  •  -
  •  -

Four-leaf Clover 25

No image

朝になってから、ファンから電話があった。『シン、チョ・ドンヨンを捕まえたよ。 彼はソ・ファヨンの関与については否定してる。 けど、キム・ウルスの周辺人物の中に一人の男が浮かび上がったんだ。 ここに居るキム秘書さんに確認してもらったら、トラックの荷台に乗っていて、いろいろ話した男だそうだ』チョ・ドンヨンは、東海の妻子を遠くから見ているところを押さえられたそうだ。最後に愛する家族の姿だけでもと思ったの...

  •  -
  •  -

Four-leaf Clover 24

No image

“おじさま”がシンオッパだった。そのことが判り、一瞬、ガンヒョンと友達になれたことも“おじさま”のおかげだったのかと思った。孤児の私と友達になってくれるなんておかしいと思ったのよ、と気持ちが沈みかけたのだが、シンオッパは違うんだと言ってくれた。済州島の時に初めて、私がガンヒョンの友人だと知ったそうだ。ガンヒョンたちのために、そうじゃないんだと言ってくれているのが判って、その時々に少しずつ私を好きになっ...

  •  -
  •  -